2014年07月05日

絵本インタビュー『ひそませること/あばきたてること』澤田精一・著作

絵本編集者、澤田精一さんの著作
『ひそませること/あばきたてること 絵本編集の現場から』が刊行されました。
私、陣崎草子が過去に企画・執筆した、澤田さんへの絵本評インタビューを収録していただいています。

sawada.jpg

澤田精一さんは、国内外で圧倒的な存在感を誇るアーティスト大竹伸朗さんの絵本『ジャリおじさん』を企画・編集した編集者です。
ご自身でも詩をお書きになる澤田さんは、福音館書店での編集業務において積極的に詩人の仕事を取り入れたり、画家も、通りいっぺんの童画家ではない先端的な作家(例えば大竹伸朗さんといった)に絵本を依頼することで、絵本の世界に新しい地平を拓く仕事を重ねてこられました。

陣崎が行ったインタビューの初出は、歌誌「かばん」の2009年12月号の「絵本特集」です。
澤田精一さんは、絵本編集における方法論の重要性を説き、批評的に絵本文化を見つめ、書き残されている希有な編集者のお一人です。
商業性の成り立たない短歌の世界では、批評文化はジャンルが生き延びるために不可欠なものとして過剰に発展していると思える側面もありますが、商業性に覆われた絵本の世界では、昨今、批評文化はほとんど枯れているといって良さそうな状況ではないかと思います。
若い絵本作家たちは互いの仕事について批評精神を持ち、それを述べたり書き残したりという取組みをほとんどしません。
私は短歌と児童文学、絵本に足場を置いていますが、その中でも、短歌と児童文学では相互批評の文化に若い世代も積極的に参加していますが、絵本を描く若い世代で批評的な態度を持つ人を見かけることは希だと感じています。
もう少し上の世代では、絵本ジャーナル「PeeBoo」が立ち上げられ、出版文化に対して、アクティブに挑発的に絵本を語り合う場があったことを思うと、現在は淋しいを通りこして、危惧されるべき状況といえるのかもしれません。
表現の世界において、批評が過剰過多となることにも問題はあると思いますが、一方で創造的な批評が表現の現場を活性させることは確かです。

澤田精一さんの本著は、絵本をかいてみようと思う方、絵本について考えてみようと思う、たくさん方々に手にとっていただけたらと思います。
澤田さんの絵本論はもちろん、大竹伸朗さんやスズキコージさんへのインタビュー、絵本編集者の小野明さんや土井彰史さんとの会談など、読み応えたっぷりです。



 
posted by 草子 at 07:56| 本の仕事・著作