2015年09月29日

【新刊】絵本『おこめようちえん』苅田澄子・作、陣崎草子店・絵、講談社・刊

新しい絵本が刊行されました。
『おこめようちえん』苅田澄子・作、陣崎草子店・絵、講談社・刊

okome_hyo.jpg

食べものが主人公の楽しい絵本をたくさん書いてらっしゃる、苅田澄子さんとの絵本です。
苅田さんの絵本は『いかりのギョーザ』や『じごくのラーメンや』など、いつもユーモアと大胆な冒険にあふれています。
本作は、そんな苅田さんの、食の決定版「お米」の絵本です。
もみがらのお米たちが、立派なお米になるために田んぼのそばの「おこめようちえん」にかよいます。
こがめもちくんや、あきたこまちちゃん、こしひかりくんなど、いろんな銘柄の個性的なおこめたちが、田んぼの周りに暮らすいろんな生き物先生に見守られ、泣いたり笑ったり怒ったりの日々をすごします。

okome01.jpg

おこめようちえんでは、「おこめらしいあそび」をたくさんしますよ。

okome03.jpg

運動会もあります!
おこめの運動会は、ふつうの運動会とは一味ちがいます。
そして、元気に楽しんでいるお米たちと先生たちのもとに「おそろしいアイツ」がやってきます。
お米たちはピンチをどうやって切り抜けるのか!?

さて、いろんなことがあった「おこめようちえん」
卒業した生徒たちは、それぞれどんな道を歩むのでしょう。

okome02.jpg

「お米ってこんな食べ物にもなるんだ〜」
という美味しそうな食べ物もいっぱい描きました。

いまや世界中で親しまれている、食卓の主役、お米。
そんなお米が、はじめはどんな姿をしているのか、どんな環境で育つのか、そして、どういう種類のお米がどんな食べ物になるのか、といったあれやこれやを、お米たちのようちえん生活を通して楽しく知ることができます。

苅田澄子さんの物語はとってもユーモラスで大変化に富んでいます。
こんころりんのかわいいお米たちを、たくさん、楽しく描きました。
ぜひ、手にとっていただけますと幸いです。



 
posted by 草子 at 11:53| 本の仕事・著作