2016年11月08日

森見登美彦さん、おめでとう10周年企画(ダ・ヴィンチ、KADOKAWA)

今月号の雑誌「ダ・ヴィンチ」にて、森見登美彦さんの「おめでとう十周年企画」の絵を担当させていただきました。

dv.jpg

十周年の節目に刊行された森見登美彦さんの作品『夜行』の特集もあります。

yako.jpg

『夜行』はセンチメンタルな旅情に彩られながらも、暗闇の奥から呼ばれるような恐ろしさが忍びよるホラーファンタジーです。
森見登美彦さんのホラーといえば『きつねのはなし』以来でしたが、『夜行』は読書中はゾクッとする怖さがありながらも、読後に不思議な心地良さを感じる作品です。
そして、画廊に飾られた、ある作家の版画作品が物語の鍵、窓となっているので、絵を描く人にとってはたまらない物語でもあります。

「ダ・ヴィンチ」誌では穂村弘さんの連載「短歌ください」にも絵を描かせて頂いています。
森見登美彦さんの『夜行』と雑誌「ダ・ヴィンチ」、ぜひ手にとってくださいませ。