2009年03月06日

早坂類さんの歌集と、ココロニカル




0306-01.jpg



歌人、早坂類さん(http://hayasakarui.com/
の新刊歌集『黄金の虎/ゴールデンタイガー』

昨日入荷したと書店から連絡があったので
本日、受け取りに行って帰ってきたら、丁度、追いかけるように
玄関ポストに物の落ちる「ごとっ」という音がしました。

見ると、早坂類さん名義の郵便。
http://d.hatena.ne.jp/hayasaka_rui/
(旧住所からの転送だったので、到着が遅かったようです)

一番外の封筒の中にもう一度、きれいなきれいな封筒が入っていて
その中には一筆箋とポストカードが。

きれいな封筒を取りだした瞬間に
とおい香りがふわりと、ごくごく微かに漂ったので、おどろきました。
本当にとおいとおい、一瞬の、もどかしい記憶のような香りで
追いかけてもすぐに、消えてしまいました。

なんだかあまりに一瞬で微かであったために
奇跡の瞬間に立ち合ったようで、しばし呆然としてしまいました。
いつか私も、こんな不思議な気持ちになれる郵便を
誰かに届けてみたいものです。



話変わって、私は昔から「ココロニカル」と名づけたノートに
気紛れに絵の具を塗りつけたり絵を描きつけたりしています。

何故「ココロニカル」なのかというと
名前自体はふと思いついただけなのですが、それを
恐ろしい万能検索ロボット「Google」にて検索してみたところ
この言葉は引っかからなかった、つまり
「まだこの世に無いもの」であることを気に入り、名付けました。

ここに書いてしまうと、検索ロボットがたちどころに拾い上げ
「この世のもの」化してしまうのだな、と思うと何か愉快。
また新しい「まだこの世に無いもの」の名のノートを作ります。

以下の写真のようなお遊び的なラクガキノートです。
その日拾った紙クズを貼り付けたり、余った絵の具を塗りたくったり
あと、使用済み紙パレットってだいたい無意図の綺麗な紙になる。
捨てるのが惜しまれるため、色々な所にコラージュして使っています。

何頁かを記念撮影しました。



0306-02.jpg


0306-03.jpg


0306-04.jpg


0306-05.jpg


0306-06.jpg


0306-07.jpg


0306-08.jpg


0306-09.jpg


0306-10.jpg


0306-11.jpg


0306-12.jpg


0306-13.jpg





 
posted by 草子 at 23:28| 作業風景