2009年08月19日

WEBアンソロジー:はじめて降りた駅


小説家で翻訳家でミュージシャンで写真家
(もっと色々なさってます!)の西崎憲さん主催の
【WEBアンソロジー:はじめて降りた駅】
に参加させて頂きました。
http://homepage3.nifty.com/dog-and-me/eki/eki_top.html

「その駅に降りたのははじめてだった」から始まる何か、というのがルールで
小説、短歌、俳句、絵など色々なジャンルの創作が集まっています。
こんな所に私が混ぜて頂いてよいのかしら??というような
方々が参加されてるので色々見てみて下さいね。

私のは目次から→「おむかえワニさん」。

短歌の形式を利用してつくった30ページの絵本的作品なのですが
短歌の構造(ポエジー)は抜かして
短歌の韻律だけを借りてくるという形でつくりました。
文字は脳内音声になおして、5・7・5・7・7のリズム感で
ゆっくりめに読んで頂けるとうれしいです。

夏!なお話なので、夏のひまつぶしによんでみてくださいませ。


あと、個人的なおすすめは佐藤弓生さんの「あずみ野 with sound」です!
短歌作品と音楽や色がベストマッチで
夏の強い陽射しとひんやり感を同時に感じ
透明感のある世界に心がすーっと飛びます。夏の祝祭を、ぜひ。


 

posted by 草子 at 02:02| その他お知らせ