2011年02月04日

農作業の絵本2 タネまき・育苗・植えつけ



農作業の絵本(2):かわしろひでゆき(編)じんさきそうこ(絵):農文協 

ブログの画像アップ機能が異様に重くなってしまい、更新が遅れておりますが
農作業の絵本第二弾!
そのうち、取材時の写真などもアップします。

nogyo02-hyo.jpg
タネまき・育苗・植えつけの巻。ひそかにお気に入りの表紙。ブルーがオシャレ。

nogyo02-13.jpg
中耕や培土って知ってますか? ウネのわきっちょの土をほぐしたり、じゃがいものウネには生長に合わせて土をもったり、農作業は中間期にもあれこれ作物の面倒を丁寧にみることで、びっくりするほどおいしい〜作物ができるのだ〜。
手をかけた作物はうまい! 収穫量も段違い! これほんと。

nogyo02-kaze.jpg
作物をこごえさす風の神様を描きましたが、雷さまと混同気味かしら。
風の害を防ぐためには「ベタがけ」という作業をしたりするよ。

nogyo02-15.jpg
水をやりすぎるとどうなるの?? 旅行中の水やりはどうしたらいいの?? という疑問にもお答えします。
右下の女の子とイヌの絵、お気に入りです。イヌがふぬけなのが気にいってます。見てね。


農作業の絵本(2)の内容

2.発芽をそろえよう!吸水、温度、タネの向き
3.畑に直まき、まき方、土のかけ方、おさえ方
6.がっちり苗をつくる水やりのコツ
7.苗の植えつけ、手順と水の管理
8.べたがけで、保温、防寒、防風、防虫
9.トンネルをつくって、防寒、雨よけ、遮光
10.支柱の立て方いろいろ
11.ネットの張り方、ひもの結び方

などなど、詳しくは → 農文協さんのウェブサイトへ

 
posted by 草子 at 16:23| 本の仕事・著作