2011年11月24日

弱者


花や鳥など小さく弱く思えるものほど慈しみ守ろうとするのは、

弱者である自分をこそ守ってくれと内心訴えるためだ。

しかし、花や鳥といったあちらさんは

しばしば「あっ」と思うほど人を横目にして強靱で、

守られるべきものでなどないことを知る。

 
posted by 草子 at 09:15| 短歌、詩