2012年04月22日

一日一少女:2、3

どんな日も一日一枚は少女の絵を描こう。
絵をネットにアップすることを意識して描くと、のびのび描けなくていけませんね。
というわけで、アップしようかなと思うものだけアップすることにします。

shoujyo02.jpg

shoujyo03.jpg


先日、ある編集者さんの退職&新しい旅立ちのお祝いの会にお呼びいただきました。
たくさんの児童書の作家さんが集まっていて、文章作家さんにも画家さんにも
知っている方にたくさんお会いできました。

同時代の作家さんとお会いし、お話するのは本当に楽しいです。
いつの時代も、あらゆるジャンルで同時代の人たちの交流はあったにちがいなく、
「自分もがんばろう」という素直な気持ちがむくむくとわきます。

主役の編集者さんの言葉やエピソードには、心に残るものがたくさんありました。
「なんか生前葬みたいだけど死ぬわけじゃないので」というユーモアも楽しいにぎやかさ。
末梢の若輩者ながら、新しい航海の幸いを心よりお祈りいたします。
 
  
posted by 草子 at 21:09| 一日一少女