2013年05月25日

新鋭短歌シリーズ

『新鋭短歌シリーズ』のウェブサイトがオープンしました。
http://www.shintanka.com/shin-ei/

新鋭短歌シリーズとは、書肆侃侃房が主催し、歌人の加藤治郎さんと東直子さんが、今を詠う新しい世代の歌人の第一歌集の出版をプロデュースするというシリーズです。
サイトオープン日でもある5月25日に、シリーズ第一陣の木下龍也さん、鯨井可菜子さん、堀合昇平さんの第一歌集も発売となりました。


私、陣崎草子も東直子さんに監修いただき、シリーズ12名のうちのひとりとして、ただ今歌集出版の準備をすすめています。
初秋には刊行される予定です。

現代短歌の旗手として一線を走りつづける加藤治郎さんと東直子さんのプロデュースで、現在の多岐にわたる短歌シーンにおいて活躍目覚ましい方々の歌集が、一挙に世に出るとあり、『新鋭短歌シリーズ』はさまざまな意味で注目を受けているようです。
短歌という表現手法を掲げて疾走する方たちのこれからが、実に楽しみです。
今後、さまざまな動きもあるのではないかと思います。

意義深いシリーズの出帆を、末席に同船するものとして心より喜びたいと思います。
多彩な感性・手法であらわされた歌のどれかひとつでも、読んだ方の心にとどけばと願っております。


短歌との出会いは私にとって、まるで生まれなおしをしたかのような衝撃でした。

 
posted by 草子 at 17:59| 短歌、詩