2020年06月02日

『おきなぐさ』原画展とZoomトーク&朗読

千葉県柏市のハックルベリーブックスさんにて、展覧会とZoomトーク会が開催されます。
少し時世も落ち着いた頃になるかと、ゆったりした気持ちでお越しいただけますと幸いです。

陣崎草子『おきなぐさ』絵本原画展 〜宮沢賢治の世界を旅して〜

http://www.huckleberrybooks.jp
会期:6/21(土)〜7/4(土) 13:00〜18:00
7/4(土)14:00〜【Zoomオンライン】

okina_huck.jpg

7月4日(土) 14:00〜15:00 ギャラリートーク その後サイン会

参加費
・ギャラリートークのみ 400円
・ギャラリートーク&サイン本 2000円(本代1650円含む)

【お申し込み】 メール megumiokuyama18@gmail.com

お申し込みいただいた方にZoom参加手順、参加IDなどをお知らせします


★以下、ハックルベリーブックスさんより
---------
参加費は 終了後に届けていただくか、振込みとさせていただきます。
サイン本郵送の場合 送料350円〜(地域により変動します)。

サイン会のときには、順番にZoomで陣崎さんとお話いただけますが、
他の方にも聞こえますので,ご了承ください。
サイン本をご希望の方は,先にお知らせいただけるとありがたいです。
---------


宮沢賢治絵本『おきなぐさ』は、おきなぐさの取材調査のときから
さまざまな不思議な巡り合わせがあり、妹を失った賢治さんが絶望から生命賛歌へと
立ち上がっていった道のりをたどる旅となりました。

ぜひともZoomギャラリートークにご参加いただけますと幸いです。
オンラインなので世界中から参加できるまたとない機会になります。


ハックルベリーブックスご店主の奥山さんは大学でこどもの本について教えておられたり、素晴らしい本をたくさんご存知で、私も奥山さんお任せセレクトでお願いして本を購入させていただいたりしました。
「〜円以内で数冊、〜な感じで、あとは奥山さんのセンスでお願いします!」とソムリエにゆだねるように。

絵本だけでなく児童文学もとても充実した素晴らしい本屋さんですので
ぜひとも足を運んで、物語の世界に深く触れていただけますと幸いです。

心よりお待ちしています。

 
posted by 草子 at 14:01| 展示・イベント・講演など

2020年04月29日

「おきなぐさ」手描きメッセージカード

群馬県前橋のフリッツ・アートセンターさんで開催くださっていた
『おきなぐさ』(宮沢賢治・作、絵・陣崎草子、ミキハウス・刊)原画展
時勢を鑑み、現在は予約制の少人数にて、5月10日まで開催くださっています。

http://theplace1985.com/news/【休館の-お知らせ】[予約・貸切・配達]/
電話予約や、庭におられるスタッフさんへのお声がけで入れるとのことです。

合わせて、5月3日のトークイベントも中止となりました。
楽しみにしてくださっていた方、いつかきっとお会いできますように。

そして、現在積極的に「来てください」とは言えない状況ですが、
のんびりした立地のフリッツ・アートセンターに立ち寄られた方や
時流が落ち着いた頃に来て『おきなぐさ』を手にしてくださった方に
せめて感謝や思いを手渡せたらなと考え、手描きのメッセージカードを
フリッツ・アートセンターさんにお送りさせていただきました。

『おきなぐさ』を購入くださった方に手にしていただけたらと思います。


okinacard04.jpg

okinacard05.jpg

okinacard03.jpg


「おきなぐさ」は生命の全体性を受容し、賛歌する物語で
こんな時代だからこそ、改めて出会って欲しいと願う物語です。
妹としさんのレクイエムともいわれており、絶対的な命の肯定を謳いあげています。


flt02.jpg

flt01.jpg


爽やかな地にあり、美味しいパンや珈琲のあるフリッツ・アートセンターさん。
宮沢賢治絵本の展覧会を絵本刊行のたびに開催されています。
時流が落ち着いたら、ぜひ足をお運びくださいませ。


okinacard02.jpg

okinacard01.jpg

IMG_4844.JPG


「お日さんちゃんと見ていらっしゃるんですよ」

激動の時代も、生の幸いと共に歩んでゆけますように。



okina0001.jpg


 
posted by 草子 at 00:00| 展示・イベント・講演など

2020年03月04日

『おきなぐさ』原画展 フリッツ・アートセンター 前橋

『おきなぐさ』の原画展が群馬県前橋市のフリッツ・アートセンターさんで開催されます!
★会期変更のご注意★

okn01.jpg

会期が当初、2020年3月7日(土)- 4月19日(日)の予定でしたが
新型ウィルスに関する昨今の情勢を鑑みて、フリッツ・アートセンターさんが
5月中旬頃までの延期をしてくださるとのことです!
なんともありがたいです。

ミキハウス ◎ フリッツ・アートセンター 協働事業
会期 ‖ 2020年3月7日(土)〜 5月中旬頃
開館時間 ‖ 10:00 – 19:00
休館日 ‖ 火曜日(祝日の場合はその翌日)
会場 ‖ フリッツ・アートセンター / ギャラリー
群馬県前橋市敷島町240-28 / 敷島公園内
tel. 027-235-8989

アクセスなど詳細はフリッツアートセンターさんサイトで

ウィルスの情勢が落ち着いた5月頃に、宮沢賢治さんの『おきなぐさ』について
知っていただくイベントができたらいいなとご相談しているところです。


mikisyoko_okinagusa_P28-29.jpg

多人数が集まる場に行けなかったり学校がお休みで困っているというとき、
のんびりペースで絵を眺めたり、ゆっくりお家で過ごすお供の絵本や本と出会う場に、よかったらお出かけください。
多人数でのイベントの開催や参加などは難しいところかと思いますが、
ゆったりしたスペースの場所で息抜きのお散歩に来ていただくのであれば、
リラックスした時間が心と体によい作用になってくれる面もあるかと思います。

また、ウィルスへの心配が落ち着いた頃に、心をのびのび解放するために
来ていただけるようですと嬉しいです。

mikisyoko_okinagusa_P12-13.jpg

私もなによりも人様にうつさないように気をつけつつも
不安を抱かずリラックスして、本と自然と共に過ごすつもりです。

3月からちょうど、おきなぐさが暖かい地域で咲きはじめます。
群馬にもおきなぐさがあるとしたら、ちょうど会期中に咲いている頃と思います。

いまや絶滅危惧種となってしまった「おきなぐさ」
とてもとても可憐な花ですので、いつかぜひ出会ってくださいね。

posted by 草子 at 16:33| 展示・イベント・講演など

『おきなぐさ』原画展 フリッツ・アートセンター 前橋

『おきなぐさ』の原画展が群馬県前橋市のフリッツ・アートセンターさんで開催されます!
★会期変更のご注意★

okn01.jpg

会期が当初、2020年3月7日(土)- 4月19日(日)の予定でしたが
新型ウィルスに関する昨今の情勢を鑑みて、フリッツ・アートセンターさんが
5月中旬頃までの延期をしてくださるとのことです!
なんともありがたいです。

キハウス ◎ フリッツ・アートセンター 協働事業
会期 ‖ 2020年3月7日(土)〜 5月中旬頃
開館時間 ‖ 10:00 – 19:00
休館日 ‖ 火曜日(祝日の場合はその翌日)
会場 ‖ フリッツ・アートセンター / ギャラリー
群馬県前橋市敷島町240-28 / 敷島公園内
tel. 027-235-8989

アクセスなど詳細はフリッツ・アートセンターさんサイトで

ウィルスの情勢が落ち着いた5月頃に、宮沢賢治さんの『おきなぐさ』について
知っていただくイベントができたらいいなとご相談しているところです。


mikisyoko_okinagusa_P28-29.jpg

多人数が集まる場に行けなかったり学校がお休みで困っているというとき、
のんびりペースで絵を眺めたり、ゆっくりお家で過ごすお供の絵本や本と出会う場に、よかったらお出かけください。
多人数でのイベントの開催や参加などは難しいところかと思いますが、
ゆったりしたスペースの場所で息抜きのお散歩に来ていただくのであれば、
リラックスした時間が心と体によい作用になってくれる面もあるかと思います。

また、ウィルスへの心配が落ち着いた頃に、心をのびのび解放するために
来ていただけるようですと嬉しいです。

mikisyoko_okinagusa_P12-13.jpg

私もなによりも人様にうつさないように気をつけつつも
不安を抱かずリラックスして、本と自然と共に過ごすつもりです。

3月からちょうど、おきなぐさが暖かい地域で咲きはじめます。
群馬にもおきなぐさがあるとしたら、ちょうど会期中に咲いている頃と思います。

いまや絶滅危惧種となってしまった「おきなぐさ」
とてもとても可憐な花ですので、いつかぜひ出会ってくださいね。
posted by 草子 at 16:33| 展示・イベント・講演など

2020年01月07日

『おきなぐさ』パネル展示:ジュンク堂京都店さん

ジュンク堂書店京都店様にて
宮沢賢治絵本シリーズ『おきなぐさ』パネル展を開催くださっています。
2月26日〜1月15日
5階児童書売り場壁面

jyunkukyoto.jpg

こんなふうに並べていただいて壮観です!
感涙。ありがとうございます。

ジュンク堂書店京都店さんは絵本愛、児童書愛があふれている書店さんで、
いつも書店員さんイチオシの絵本のパネル展示をされていますので、
ぜひ、期間中も期間外にも、足を運んでみてくださいませ。
こんなふうに深く絵本を愛してくださっている書店さん、書店員さんがいてくださること
とても励みになり、頼もしく、ありがたく感じます。

okina0001.jpg


posted by 草子 at 18:38| 展示・イベント・講演など

2019年11月17日

「見ル聞ク賢治の会」

11月15日、京都、11月16日神戸で開催された「見ル聞ク賢治の会」
起こしくださったみなさま、まことにありがとうございました。

okina0001.jpg

栗山かおりさんが朗読くださり、高木須惠子さんがナビゲートくださり、神戸ではstorage booksの川浦店長さんが、なんと開始15分前のお願いで急遽どうにか楽器を用意して、栗山さんと短時間の打合せで音楽を担当くださり!
(京都では、お名前の情報が分からずまことに申し訳ないのですが、ピアニカで物語にぴったりの演奏をしてくださいました。本当にありがとうございます。)

栗山かおりさんの朗読で聞く『おきなぐさ』は、ヒバリが舞い降りてくる風や空、ふるえるオキナグサの風まで感じ、天のお日さまへの感謝を痛切に感じ、胸がいっぱいになりました。
朗読の力って凄いなと思いました。
そして編集者の松田素子さんのリードで、『おきなぐさ』制作時にあった数々の、まるで賢治さんの手引きかのような、生き物たちを通じて体験した不思議な出来事についてお話させていただきました。
あたたかくも熱心に聴いてくださったみなさま、ありがとうございました。
素晴らしい時間の中にいられて幸せ者でした。
本当にありがとうございます。

okina0002.jpg

okina0003.jpg

会場には原画を展示しました。

イベントでもお話させていただきましたが、宮沢賢治さんのこの美しい命の賛歌の物語が、ずっと未来にも残ってゆくために、オキナグサを絶滅させない取り組みは大切だと感じています。
がんばろう。
 
posted by 草子 at 00:00| 展示・イベント・講演など

2019年10月24日

展覧会「こどもの本の画家たち展」童美連創立55周年記念

童美連 創立55周年記念「こどもの本の画家たち展」に参加させていただきます。
詳細はこちら

d_tenran.jpg

私は28日の午後14時以降から会場受付におります。

【会期】10月25日(金)〜11月6日(水)
11:00〜18:00(最終日は15:00まで)
※講演会のある10/27・11/4は観覧時間が16:00までとなっております。

ブックハウスカフェ2階 ひふみ座
東京都千代田区神田神保町2−5 北沢ビル2階
(アクセス:https://www.bookhousecafe.jp/shop/#access

ibent_d.jpg

作家さんによる講演会やイベントもあります。

ぜひ足をお運びいただけますと幸いです。
タグ:絵本
posted by 草子 at 18:45| 展示・イベント・講演など

2019年09月25日

絵本の読み語りについて

絵本の読み語り養成講座にうかがって絵本を作っている立場からということで、お話させていただきました。
大人はこどもの読書の様子を「ウケた」「笑ってる」「盛り上がる」「真剣にじっと聴いている」などの「分かりやすい尺度」で測りがちだけれど、こどもの読書体験というのは、そういった大人の常識目線から判断した価値感をもっともっとはるかに超えて自由なんだ、といったことを自分のこども時代の体験をもとにお話させていただきました。


「つまらないと言ってこどもが立ち去った」「反応がない」という分かりやすい軸で判断するのは、単に『大人の側が「自分の成功体験」を求める目線からものごとを測っているに過ぎない』のであって、こどもの内面世界はもっと多様にひとりひとり個性的にふくれあがっていて、表面だけで推し測ることは決定的にできない、ということを常々思っています。


これは、「絵本の読み語り」という文化を考える上で、自分がものすごく言いたいことのひとつだなあと思っています。
大人の成功体験の希求には、落とし穴が潜んでいることをさまざまな分野で感じています。
「役に立つものしか価値がない」という見方とちょっと近いかな。
ものごとには、「語り得ないなにか」が必ずあり、そしてそういう部分にしか宿らない価値がある、ということを忘れずにいたいと思っています。
拙い話をあたたかい眼差しで聴いてくださったみなさま、ありがとうございました!

yomikatari01.jpg

yomikatari02.jpg

※こちらの市では「読み聞かせ」ではなく「読み語り」という語を使っておられて、おおっ! となりました。
私も個人的に「読み語り」と言う&書くようにしていたので。


講座中にご案内した「シリアのこども達の教育支援クラウドファンディング」はこちらです。
https://readyfor.jp/projects/syria2019

pos_chirashi.jpg

こどもたちに希望を届けようという活動、応援、どうぞよろしくお願いいたします!

 
posted by 草子 at 02:52| 展示・イベント・講演など

2019年09月22日

ジュンク堂京都店さんにサイン本


ジュンク堂京都店さんのお話会にご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!
ジュンク堂京都店さんで、サイン本を置いてくださっています。
写真の他に『うっかりの玉』や、歌集『春戦争』までも!
ぜひ、サイン本を手にしていただけますと嬉しいです。

ジュンク堂高木さんのお声で『おむかえワニさん』を読んでくださり、ちよちゃん、おばあちゃんが生き生きとしいて、思わずジーンと泣けてしまいました。
ご参加くださったみなさま、書店さま、かけつけてくださった出版社のみなさま、心底ありがたくて噛みしめました。
深く感謝申し上げます。

EE_GmeqUUAEH7KA.jpeg

※写真はジュンク堂京都店さまよりお借りしています。

posted by 草子 at 00:00| 展示・イベント・講演など

2019年08月28日

9月21日 京都 お話会&トーク

京都でお話会をやらせていただきます。
関西地方のみなさま、ぜひぜひお越しいただけますと幸いです!
2019 年 9 月 21 日(土) 14:00~(13:45 開場)*40 分ほど

0921ohanashi.jpg

*クリックすると拡大します

★演目
『おむかえわにさん』(文溪堂)
特製紙芝居『ウシクルナ!』(光村図書出版『ウシクルナ!』より)
『おしりどろぼう』(くもん出版、今年度お話を絵にするコンクール絵本)
フリートーク後、サイン会

20名(先着順)参加費:300円
小学生歓迎!3歳頃からご参加いただけます。大人の方も大歓迎!

場所:エービーカフェ 京都市中京区油屋町123
(ジュンク堂京都店から徒歩3分)

ジュンク店京都店の店頭か、お電話にてご予約受付です。
電話:075-252-0101(ジュンク堂書店京都店)

 
posted by 草子 at 22:54| 展示・イベント・講演など

2019年02月19日

17日、紀伊國屋高槻店さんイベント

17日、紀伊國屋高槻店さんでのお笑い物語『ウシクルナ!』と絵本『おしりどぼう』の読み語り、おかげさまで盛況でした!

kinokuniya_ohanashi.jpg

ウシの紙芝居も、オシリの読み語りも、衆人の前で演じる度に改良を重ねて来たので、今や鉄板でウケる作品になりましたよ!
(読み語り経験を重ね、読み語りを成功させる方法と、絵本そのものの良さは全く別種のものと覚ったので、その話はまた別途)


★すごく嬉しくて感動したこと。
別の日に『ウシクルナ!』を買って読んでくれた女の子が、たまたま通りかかったらしく、私が昼食から戻るのを待ってて「めちゃめちゃ面白かった〜!」と感想を伝えてくれました。
小学校1年生の子なのだけど、すごく長い物語を、分からない漢字は聞きながら読んでくれたそう!
もう、めちゃめちゃ胸ふるえるほど感動しました。最高のご褒美だ〜。



『おしりどぼう』も読み語りがすごく盛り上がって、「爆笑した〜」と言ってホクホク顔で買っていってくれる子がいて(ゆるい笑いの絵本だけど、なにかツボにはまったのかな?)、たまらず嬉しかったです。
※『おしりどぼう』は紀伊國屋高槻店さんで、売り上げ5位に!

oshiri_honya.jpg


こんなふうに、こども達が笑顔で感想を伝えてくれる機会に出会えるのは、本当に胸の震える瞬間で、倒れるかと思うような喜びでした。
笑うこども達の姿に出会えたとき、「ああ、自分は地球のこども達にさまざまな種類の幸せを届けたいんだ」って魂の奥深くから願ってるんだなって強く感じます。
それ以外のことはみんな小さなことだって思えます。
こども達に対して、創作者として誠実な生き方をしたいです。
ひとつひとつの作品を誠心誠意こめて作りたいと、改めて強烈に思いました。

こども達の笑顔が、こんなにも嬉しい自分を知ることができること自体が喜びです。
地球上のすべてのこども達(もちろん大人にも)に、すこしでも幸せな時間を届けるために、死ぬまでそんなふうに生きたいと思います。
書店のみなさま、出版社のみなさま、そして、来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!!
一歩ずつ、でも、ぐいぐいと着実に成長させていただいてるなと思います。

posted by 草子 at 07:17| 展示・イベント・講演など

2018年11月14日

イベント:大阪、紀伊国屋高槻店 11月18日(日)、12月16日(日)

陣崎草子の故郷、大阪高槻の紀伊國屋書店さんにて。
『ウシクルナ!』(光村図書出版)と、『おしりどろぼう』(くもん出版)のイベントをやらせていただきます。
紙芝居や絵本の朗読、原画の展示、サイン会があります。
プレゼント応募企画に、その日特別に誰でも応募できるチャンスも。

kinokuniya_takatsuki.jpg

★『ウシクルナ!』紙芝居を読みます
原画展示、サイン会、プレゼント応募企画もあり
2018年11月18日(日)、13:30〜、14:30〜の2回

★『おしりどろぼう』絵本朗読をします。
原画展示、サイン会、プレゼント応募企画もあり
2018年12月16日(日)、13:30〜、14:30〜の2回

地元、高槻にてこのようなイベントを開催する機会を与えていただき、とても嬉しいです。
昔からずっと通っていた、紀伊國屋高槻店さん、本当にありがとうございます。
近隣のみなさま、ぜひ足をお運びいただけますと幸いです!

 
posted by 草子 at 18:58| 展示・イベント・講演など

2018年10月04日

おしりどろぼうワークショップ・おしりマグネット、ブローチ、おもちゃを作ろう!

絵本『おしりどろぼう』の発売を記念して、おしりワークショップを開催します。
おしりマグネット、ブローチ、おもちゃを作ろう! 
2018年10月20日(土)14時〜、10名様 @神保町・ブックハウスカフェ

osiricon.jpg

なんと、参加費無料で以下のような可愛くて不思議な「おしりマグネットやブローチ、水に浮かべて遊ぶおもちゃ」が作れちゃいます。
ぜひ、親子で、大人の方も参加してくださいませ!
※大人の方はカフェ代500円がかかります。

osorocon04.jpg

osorocon02.jpg

osorocon03.jpg

こんなカラフルな、自分だけのブローチやマグネット、目立ちますね!
「なんだかへんなの」をみんなで作っちゃいましょう。

osorocon01.jpg

↑なんと、水に浮かべて遊ぶこともできますよ。お風呂にもいっしょに入ろう〜。

当日、絵本をお買い上げくださった方にサイン会もしております。


★予約など詳細


□日 時:2018/10/20(土) 14時〜、1時間程度(13:45開場)
□先生:陣崎草子
□参加費:無料(大人の方はドリンクチケット500円の購入が必要です)
□対象:3歳以上のお子さまから大人まで
□予約:要(定員10名様)
(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「10/20陣崎草子イベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。
□場所:ブックハウスカフェ
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!)
・・・・・・・・・・・・・・・・
ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェさんまで。

 
posted by 草子 at 11:06| 展示・イベント・講演など

2018年10月03日

トークイベント:如月かずささん×陣崎草子@神保町ブックカフェ

如月かずささん × 陣崎草子トークイベント
〜「子どもの本」をかくということ〜
2018/11/9(金) 19:00〜20:30 @神保町・ブックハウスカフェさん

なんと、ぐいぐいご活躍の若手児童文学作家、如月かずささんとトークイベントをやらせていただきます。
ふたりとも、児童文学の冒険誌「飛ぶ教室」さんでの連載が本になったという共通点を持ちます。
私自身は、時間が許す限り、本音をしっかり語る場にしたいと思っています。
どんなトークになるのでしょうか。
ぜひご参加いただけますと幸いです。

42288358_911283572401011_5354046733011648512_n.jpg

関西弁の“おっさんウシ”を筆頭に強烈なキャラクターが爆走する物語『ウシクルナ!』(陣崎草子 作/光村図書)と、6人の中学生の揺れる心が給食をきっかけに変わってゆく短編集『給食アンサンブル』(如月かずさ 作/五十嵐大介 絵/光村図書)の発売を記念したトークイベントです。それぞれの作品秘話はもちろん、絵本・児童文学・YAなど幅広い「子どもの本」の書き手であるお二人に、「子どもの本」への思いをお話しいただきます。

「子どもの本」のこれからは、いかに?

□日 時:2018/11/9(金) 19:00〜20:30(18:30開場)
     ※質疑応答、サイン会の時間を含みます。
□対 談:
 陣崎草子(飛ぶ教室の本『ウシクルナ!』作者/絵本作家/歌人)
 如月かずさ(飛ぶ教室の本『給食アンサンブル』作者/児童文学作家)
□参加費:1,500円
□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
 ※ご予約の際には、ぜひ二人へのご質問をお寄せください。
 ※メールでご予約の際は必ず、件名に「11/9陣崎×如月トークイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。また、お二人へのご質問もお寄せください。
□場所: ブックハウスカフェ
 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!)
・・・・・・・・・・・・・・・・
ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェさんまで。

 
posted by 草子 at 06:16| 展示・イベント・講演など

2018年10月02日

イベント:10月21日(日)絵本作家と一緒にあそぼう!@蔵の図書館

2018年10月21日(日)千葉県の蔵の図書館さんにて
「絵本作家さんのおはなし会」&「絵本作家さんと一緒にあそぼう!」
というイベントに参加させていただきます。
絵本作家の竹中マユミさん、こばやしゆかこさん、陣崎草子の3人のユニットで行いますよ。
会場の「蔵の図書館」さん、とても素敵な場所です!

◎会場:蔵の図書館
http://machi-library.org/where/detail/2766/
◎蔵の図書館さんFB
https://www.facebook.com/storehouse.library
◎時間:1回目11時〜(あそびは11半頃〜)、2回目13時〜(遊びは13時半頃〜)
※詳細は蔵の図書館さんにお問い合わせくださいませ。

42489708_535490656899388_6555805975733862400_n.jpg

42423090_2044963475599944_7224002711174250496_n.jpg

竹中マユミさん、こばやしゆかこさんとは、一緒に作家を目指して切磋琢磨した旧知の中なのです。
今回、この3人のユニットでイベントができることをとても感慨深く喜びあっています。

42576609_240350683321390_6150782742880583680_n.jpg

先日、3人でわいわいと集まってイベントの「あそび」の準備に、こんなものを作っていました。
宝物さがしチックな楽しいあそびをやりますよ。
ぜひぜひ、遊びに来てくださいませ。

 
posted by 草子 at 06:24| 展示・イベント・講演など

2017年11月10日

11月21日(火)トークイベントのお知らせ

子どもの本の作家がバンコクで考えた「アジアの子ども達が 夢中になれる本」

kodomo_bankoku.jpg

お申し込みはこちらから。予約番号が発行されます。
http://ibbyasia2017thailand.webnode.jp/talk/

メルボルン在住の作家で翻訳家の渡辺鉄太さん、坪田譲治賞作家の濱野京子さん、絵本作家、児童文学作家の陣崎草子で、バンコクでの体験についてお話します。
企画と主催はマイティブック代表で子どもの本のジャーナリスト、松井紀美子さん。
ぜひお越しくださいませ。

<開 催 日>
2017年11月21日(火)
時間:19:00〜20:30 ※受付18:30
会参加費:1000円 ※申し込み先着40名
場所:渋谷ヒカリエ カンファレンスルームC(シャトルエレベータ直通11階スカイロビー)

 
posted by 草子 at 10:05| 展示・イベント・講演など

2017年09月18日

ペットショップにいくまえに展 2017

ペットショップにいくまえに展 2017
2017年 9月21日(木)〜10月9日(月祝)
ショップ&ギャラリー ウレシカ
*火曜・水曜休み open:12時〜20時
詳細はこちら

毎年、超話題の「ペットショップにいくまえに展」にとうとう参加させていただきます!

petikumae2017.jpg

犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物をもらい受けるということが当たり前の世の中になってほしい。
絵本作家のどいかやさん作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」に賛同する作家が参加。作品を展示販売いたします。

petikumae2017_jin.jpg

こんな絵など、複数点を展示販売しています。
私の作品は売り上げの一部を動物の保護活動へのチャリティとさせていただきます。

《参加作家》
いぬんこ
かわかみたかこ
後藤美月
小林敏也
霜田あゆ美
陣崎草子
しんよんひ
出口かずみ
どいかや
とりごえまり
秦直也
深瀬優子
PEIACO
牧野千穂
水沢そら
DM絵:PEIACO

ペットショップにいくまえに
bikke.jp/pet-ikumae

会場では、犬の殺処分問題と対決する中学生男子の姿を活写した児童文学作品『片目の青』も販売します。

katamenoao.jpg

すばらしい作家さんの中に加わらせていただき、とても嬉しいです。
私も、動物の殺処分問題は人間社会が解決せねばならない大きな問題のひとつだと思っています。

ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
何卒よろしくお願いいたします!
 

posted by 草子 at 08:08| 展示・イベント・講演など

2017年06月01日

連続トークイベント 子どもの本のひみつ 6/17開催

日本児童文学者協会・研究部さん取材の「連続トークイベント 子どもの本のひみつ」にてお話させていただきます。
新藤悦子さんは中近東にお詳しい作家さんで、お話うかがうのが楽しみです。
公式サイト

ぜひ足をお運びくださいませ。

★日時……6/17(土) 3時〜5時 (受付2時半〜)
★会場……豊島区立目白図書館  地下集会室
      〒171−0031 豊島区目白4−31−8
      西武池袋線 椎名町駅南口 徒歩5分/JR山手線 目白駅 徒歩20分
★トークゲスト……陣崎草子・新藤悦子  司会 奥山恵

【プロフィール】
・新藤悦子(しんどうえつこ)
作家。「青いチューリップ」(講談社)で日本児童文学者協会新人賞を受賞。
トルコやイランを題材にした作品が多く、「月夜のチャトラパトラ」(講談社)はトルコ語訳も出版された。近作に「イスタンブルで猫さがし」(ポプラ社)、「さばくのジン」(こどものとも・福音館書店)など。

・陣崎草子(じんさきそうこ)
画家、絵本作家、児童文学作家、歌人。『草の上で愛を』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。
その他、児童文学に『片目の青』(講談社)、『桜の子』(文研出版)。絵本に『おむかえワニさん』(文溪堂)、歌集に『春戦争』(書肆侃侃房)など、著作多数。

◎資料代 500円 
◎定員30名
◆申込み……当日受付(先着順)
■主催 日本児童文学者協会 研究部

posted by 草子 at 12:05| 展示・イベント・講演など

2017年05月16日

八王子・長池公園・自然館『高尾山の木にあいにいく』絵本原画展

八王子の長池公園・自然館にて絵本原画展を開催させていただきます。
絵本原画展『高尾山の木にあいにいく』(ゆのきようこ・作、陣崎草子・絵、理論社)
5月18日〜7月2日まで(期間延長になりました)
http://1000enpark.com/park/tokyo/hatiouji/nagaike.html

nagaike.jpg

長池公園・自然館
とっても大きな公園内にある木造の素敵な建物です。

DDnN1agV0AARE8V.jpg-small.jpeg

長池公園は、多様な植物や生き物がいる大きな、とても清々しい素敵な公園ですので、ぜひ、足をお運びいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
posted by 草子 at 01:03| 展示・イベント・講演など

2017年05月15日

バンコクで児童文学作家によるトークセッションに登壇

国際交流基金バンコク日本文化センター主催、株式会社マイティブック共催
「〜児童文学作家によるトークセッション〜 世界の子どもたちの幸せを願って書くこと 児童文学作家の仕事」
トークセッション開催 2017年5月9日
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4301&&country=2&&p=4

作家の濱野京子さん、まはら三桃さん
絵本作家で翻訳家の渡辺鉄太さん
そして、陣崎草子

タイのバンコクにて、トークセッションに参加してきました。
タイの皆さん、非常に熱心に聴いてくださり、質問もたくさん飛び出しました。
ほぼ満席で、会場は熱気にあふれ、大成功だったようです。

タイの国営放送さんが取材にも来てくださり、思いがけずタイでテレビデビューすることに。

tv_tai.jpg

すばらしく刺激的な時間でした。
ご尽力くださったマイティブックの松井紀美子さん、国際交流基金バンコク日本文化センターのみなさま、素晴らしい通訳をしてくださったニンさん、そして、ご参加くださったタイ他、さまざまな国のみなさま、本当にありがとうございました。
posted by 草子 at 09:09| 展示・イベント・講演など