2018年11月14日

イベント:大阪、紀伊国屋高槻店 11月18日(日)、12月16日(日)

陣崎草子の故郷、大阪高槻の紀伊國屋書店さんにて。
『ウシクルナ!』(光村図書出版)と、『おしりどろぼう』(くもん出版)のイベントをやらせていただきます。
紙芝居や絵本の朗読、原画の展示、サイン会があります。
プレゼント応募企画に、その日特別に誰でも応募できるチャンスも。

kinokuniya_takatsuki.jpg

★『ウシクルナ!』紙芝居を読みます
原画展示、サイン会、プレゼント応募企画もあり
2018年11月18日(日)、13:30〜、14:30〜の2回

★『おしりどろぼう』絵本朗読をします。
原画展示、サイン会、プレゼント応募企画もあり
2018年12月16日(日)、13:30〜、14:30〜の2回

地元、高槻にてこのようなイベントを開催する機会を与えていただき、とても嬉しいです。
昔からずっと通っていた、紀伊國屋高槻店さん、本当にありがとうございます。
近隣のみなさま、ぜひ足をお運びいただけますと幸いです!

 
posted by 草子 at 18:58| 展示・イベント

2018年10月04日

おしりどろぼうワークショップ・おしりマグネット、ブローチ、おもちゃを作ろう!

絵本『おしりどろぼう』の発売を記念して、おしりワークショップを開催します。
おしりマグネット、ブローチ、おもちゃを作ろう! 
2018年10月20日(土)14時〜、10名様 @神保町・ブックハウスカフェ

osiricon.jpg

なんと、参加費無料で以下のような可愛くて不思議な「おしりマグネットやブローチ、水に浮かべて遊ぶおもちゃ」が作れちゃいます。
ぜひ、親子で、大人の方も参加してくださいませ!
※大人の方はカフェ代500円がかかります。

osorocon04.jpg

osorocon02.jpg

osorocon03.jpg

こんなカラフルな、自分だけのブローチやマグネット、目立ちますね!
「なんだかへんなの」をみんなで作っちゃいましょう。

osorocon01.jpg

↑なんと、水に浮かべて遊ぶこともできますよ。お風呂にもいっしょに入ろう〜。

当日、絵本をお買い上げくださった方にサイン会もしております。


★予約など詳細


□日 時:2018/10/20(土) 14時〜、1時間程度(13:45開場)
□先生:陣崎草子
□参加費:無料(大人の方はドリンクチケット500円の購入が必要です)
□対象:3歳以上のお子さまから大人まで
□予約:要(定員10名様)
(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
※メールでご予約の際は必ず、件名に「10/20陣崎草子イベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。
□場所:ブックハウスカフェ
〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!)
・・・・・・・・・・・・・・・・
ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェさんまで。

 
posted by 草子 at 11:06| 展示・イベント

2018年10月03日

トークイベント:如月かずささん×陣崎草子@神保町ブックカフェ

如月かずささん × 陣崎草子トークイベント
〜「子どもの本」をかくということ〜
2018/11/9(金) 19:00〜20:30 @神保町・ブックハウスカフェさん

なんと、ぐいぐいご活躍の若手児童文学作家、如月かずささんとトークイベントをやらせていただきます。
ふたりとも、児童文学の冒険誌「飛ぶ教室」さんでの連載が本になったという共通点を持ちます。
私自身は、時間が許す限り、本音をしっかり語る場にしたいと思っています。
どんなトークになるのでしょうか。
ぜひご参加いただけますと幸いです。

42288358_911283572401011_5354046733011648512_n.jpg

関西弁の“おっさんウシ”を筆頭に強烈なキャラクターが爆走する物語『ウシクルナ!』(陣崎草子 作/光村図書)と、6人の中学生の揺れる心が給食をきっかけに変わってゆく短編集『給食アンサンブル』(如月かずさ 作/五十嵐大介 絵/光村図書)の発売を記念したトークイベントです。それぞれの作品秘話はもちろん、絵本・児童文学・YAなど幅広い「子どもの本」の書き手であるお二人に、「子どもの本」への思いをお話しいただきます。

「子どもの本」のこれからは、いかに?

□日 時:2018/11/9(金) 19:00〜20:30(18:30開場)
     ※質疑応答、サイン会の時間を含みます。
□対 談:
 陣崎草子(飛ぶ教室の本『ウシクルナ!』作者/絵本作家/歌人)
 如月かずさ(飛ぶ教室の本『給食アンサンブル』作者/児童文学作家)
□参加費:1,500円
□予 約:要(店頭/E-mail:yoyaku@bookhousecafe.jp/お電話 03-6261-6177)
 ※ご予約の際には、ぜひ二人へのご質問をお寄せください。
 ※メールでご予約の際は必ず、件名に「11/9陣崎×如月トークイベント」として、本文に「お名前フルネーム(よみがな)/お電話番号/ご参加人数(大人/子ども)」をお知らせください。また、お二人へのご質問もお寄せください。
□場所: ブックハウスカフェ
 〒101-0051 千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F TEL 03-6261-6177 FAX 03-6261-6178 www.bookhousecafe.jp
 (東京メトロ半蔵門線&都営新宿・三田線「神保町」駅A1出口から徒歩30秒!)
・・・・・・・・・・・・・・・・
ふるってご参加ください。

★イベントに関するお問い合わせはブックハウスカフェさんまで。

 
posted by 草子 at 06:16| 展示・イベント

2018年10月02日

イベント:10月21日(日)絵本作家と一緒にあそぼう!@蔵の図書館

2018年10月21日(日)千葉県の蔵の図書館さんにて
「絵本作家さんのおはなし会」&「絵本作家さんと一緒にあそぼう!」
というイベントに参加させていただきます。
絵本作家の竹中マユミさん、こばやしゆかこさん、陣崎草子の3人のユニットで行いますよ。
会場の「蔵の図書館」さん、とても素敵な場所です!

◎会場:蔵の図書館
http://machi-library.org/where/detail/2766/
◎蔵の図書館さんFB
https://www.facebook.com/storehouse.library
◎時間:1回目11時〜(あそびは11半頃〜)、2回目13時〜(遊びは13時半頃〜)
※詳細は蔵の図書館さんにお問い合わせくださいませ。

42489708_535490656899388_6555805975733862400_n.jpg

42423090_2044963475599944_7224002711174250496_n.jpg

竹中マユミさん、こばやしゆかこさんとは、一緒に作家を目指して切磋琢磨した旧知の中なのです。
今回、この3人のユニットでイベントができることをとても感慨深く喜びあっています。

42576609_240350683321390_6150782742880583680_n.jpg

先日、3人でわいわいと集まってイベントの「あそび」の準備に、こんなものを作っていました。
宝物さがしチックな楽しいあそびをやりますよ。
ぜひぜひ、遊びに来てくださいませ。

 
posted by 草子 at 06:24| 展示・イベント

2017年11月10日

11月21日(火)トークイベントのお知らせ

子どもの本の作家がバンコクで考えた「アジアの子ども達が 夢中になれる本」

kodomo_bankoku.jpg

お申し込みはこちらから。予約番号が発行されます。
http://ibbyasia2017thailand.webnode.jp/talk/

メルボルン在住の作家で翻訳家の渡辺鉄太さん、坪田譲治賞作家の濱野京子さん、絵本作家、児童文学作家の陣崎草子で、バンコクでの体験についてお話します。
企画と主催はマイティブック代表で子どもの本のジャーナリスト、松井紀美子さん。
ぜひお越しくださいませ。

<開 催 日>
2017年11月21日(火)
時間:19:00〜20:30 ※受付18:30
会参加費:1000円 ※申し込み先着40名
場所:渋谷ヒカリエ カンファレンスルームC(シャトルエレベータ直通11階スカイロビー)

 
posted by 草子 at 10:05| 展示・イベント

2017年09月18日

ペットショップにいくまえに展 2017

ペットショップにいくまえに展 2017
2017年 9月21日(木)〜10月9日(月祝)
ショップ&ギャラリー ウレシカ
*火曜・水曜休み open:12時〜20時
詳細はこちら

毎年、超話題の「ペットショップにいくまえに展」にとうとう参加させていただきます!

petikumae2017.jpg

犬や猫を新しく家族に迎えたいと思ったとき、お金で買うというのではなく、飼い主のいない動物をもらい受けるということが当たり前の世の中になってほしい。
絵本作家のどいかやさん作のフリーペーパー「ペットショップにいくまえに」に賛同する作家が参加。作品を展示販売いたします。

petikumae2017_jin.jpg

こんな絵など、複数点を展示販売しています。
私の作品は売り上げの一部を動物の保護活動へのチャリティとさせていただきます。

《参加作家》
いぬんこ
かわかみたかこ
後藤美月
小林敏也
霜田あゆ美
陣崎草子
しんよんひ
出口かずみ
どいかや
とりごえまり
秦直也
深瀬優子
PEIACO
牧野千穂
水沢そら
DM絵:PEIACO

ペットショップにいくまえに
bikke.jp/pet-ikumae

会場では、犬の殺処分問題と対決する中学生男子の姿を活写した児童文学作品『片目の青』も販売します。

katamenoao.jpg

すばらしい作家さんの中に加わらせていただき、とても嬉しいです。
私も、動物の殺処分問題は人間社会が解決せねばならない大きな問題のひとつだと思っています。

ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
何卒よろしくお願いいたします!
 

posted by 草子 at 08:08| 展示・イベント

2017年06月01日

連続トークイベント 子どもの本のひみつ 6/17開催

日本児童文学者協会・研究部さん取材の「連続トークイベント 子どもの本のひみつ」にてお話させていただきます。
新藤悦子さんは中近東にお詳しい作家さんで、お話うかがうのが楽しみです。
公式サイト

ぜひ足をお運びくださいませ。

★日時……6/17(土) 3時〜5時 (受付2時半〜)
★会場……豊島区立目白図書館  地下集会室
      〒171−0031 豊島区目白4−31−8
      西武池袋線 椎名町駅南口 徒歩5分/JR山手線 目白駅 徒歩20分
★トークゲスト……陣崎草子・新藤悦子  司会 奥山恵

【プロフィール】
・新藤悦子(しんどうえつこ)
作家。「青いチューリップ」(講談社)で日本児童文学者協会新人賞を受賞。
トルコやイランを題材にした作品が多く、「月夜のチャトラパトラ」(講談社)はトルコ語訳も出版された。近作に「イスタンブルで猫さがし」(ポプラ社)、「さばくのジン」(こどものとも・福音館書店)など。

・陣崎草子(じんさきそうこ)
画家、絵本作家、児童文学作家、歌人。『草の上で愛を』で講談社児童文学新人賞佳作を受賞。
その他、児童文学に『片目の青』(講談社)、『桜の子』(文研出版)。絵本に『おむかえワニさん』(文溪堂)、歌集に『春戦争』(書肆侃侃房)など、著作多数。

◎資料代 500円 
◎定員30名
◆申込み……当日受付(先着順)
■主催 日本児童文学者協会 研究部

posted by 草子 at 12:05| 展示・イベント

2017年05月16日

八王子・長池公園・自然館『高尾山の木にあいにいく』絵本原画展

八王子の長池公園・自然館にて絵本原画展を開催させていただきます。
絵本原画展『高尾山の木にあいにいく』(ゆのきようこ・作、陣崎草子・絵、理論社)
5月18日〜7月2日まで(期間延長になりました)
http://1000enpark.com/park/tokyo/hatiouji/nagaike.html

nagaike.jpg

長池公園・自然館
とっても大きな公園内にある木造の素敵な建物です。

DDnN1agV0AARE8V.jpg-small.jpeg

長池公園は、多様な植物や生き物がいる大きな、とても清々しい素敵な公園ですので、ぜひ、足をお運びいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
posted by 草子 at 01:03| 展示・イベント

2017年05月15日

バンコクで児童文学作家によるトークセッションに登壇

国際交流基金バンコク日本文化センター主催、株式会社マイティブック共催
「〜児童文学作家によるトークセッション〜 世界の子どもたちの幸せを願って書くこと 児童文学作家の仕事」
トークセッション開催 2017年5月9日
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=4301&&country=2&&p=4

作家の濱野京子さん、まはら三桃さん
絵本作家で翻訳家の渡辺鉄太さん
そして、陣崎草子

タイのバンコクにて、トークセッションに参加してきました。
タイの皆さん、非常に熱心に聴いてくださり、質問もたくさん飛び出しました。
ほぼ満席で、会場は熱気にあふれ、大成功だったようです。

タイの国営放送さんが取材にも来てくださり、思いがけずタイでテレビデビューすることに。

tv_tai.jpg

すばらしく刺激的な時間でした。
ご尽力くださったマイティブックの松井紀美子さん、国際交流基金バンコク日本文化センターのみなさま、素晴らしい通訳をしてくださったニンさん、そして、ご参加くださったタイ他、さまざまな国のみなさま、本当にありがとうございました。
posted by 草子 at 09:09| 展示・イベント

2017年04月01日

絵本原画展『高尾山の木にあいにいく』ジュンク堂池袋本店

絵本原画展『高尾山の木にあいにいく』
4月1日(土)から4月28日(金)まで開催
ジュンク堂書店池袋本店さん 8階児童書コーナーにて
takao001.jpg

書店さんで原画展をやらせていただけるなんて嬉しい〜。
原画のみずみずしいグリーンをぜひ見に来てくださいませ!

絵本『高尾山の木にあいにいく』の詳細記事はこちら
 
posted by 草子 at 09:02| 展示・イベント

2017年03月16日

4月15日開催「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」

植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ・4月15日(土)開催 2017

今年はやります!
ということで、一面のタンポポ野原スペシャル
「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」の開催です。

お申し込みのなど、詳細は草花散歩会のウェブサイトへ

33146156166_0702f15f18.jpg

※Photo By 須佐岳彦さん

【開催詳細】
2017年4月15日(土)11:00〜17:00頃まで(受付:10:40〜)

[集合場所]
八王子セミナーハウス・図書館セミナー室
[参加費]
大人(大学生以上)2500円、18才未満 500円(小学校四年生以下のお子さんは保護者同伴のこと)
※お支払いは当日、現金のみ。

ご参加お待ちしております!
 
posted by 草子 at 14:14| 展示・イベント

2017年02月18日

復刻名画 Pinpoint キネマトグラフ『百日紅』

復刻名画 Pinpoint キネマトグラフ
表山道 ピンポイントギャラリーにて
詳細はこちら

sarusuberi.jpg

2017 年2 月20 日(月)~3 月11 日(土)
11:00~19:00 土曜は17:00 まで 日曜休み 祭日は通常通り
2017年恒例の100人展。
今回のテーマはシンプルに映画。古今東西を問わず、お気に入りの映画をテーマに描きます。

私は『百日紅』(原作:杉浦日向子、監督:原恵一)をテーマに描きました。
葛飾北斎の娘の葛飾応為、通称お栄という、火事が滅法好きな女絵師を主人公にした物語です。
原作の杉浦日向子さんも、監督の原恵一さんも、そして主人公の絵師お栄も敬愛しています。
私にとって特別な作品です。
ご高覧いただけますと幸いです。
  
posted by 草子 at 10:50| 展示・イベント

2016年11月09日

陣崎草子個展 2016年11月10日〜21日 西荻窪・ウレシカ

jin_koten2016.jpg

陣崎草子 個展「108歳まで生きるつもりの人の展覧会」

2016年 11月10日(木)〜11月21日(月)
*火曜休み open:12時〜20時
会場:ウレシカ 東京・西荻窪
アクセスなど詳細はウレシカさんのウェブサイトへ
【在廊日程】
10日(木)終日在廊
13日(日)未定(15時頃〜行ければ)
17日(木)16時〜18時
19日(土)未定(15時頃〜行ければ)
20日(日)終日在廊
21日(月)16時〜:最終日

絵本、児童文学、短歌の分野で仕事をしてきた、陣崎草子の個展です。
新作の絵や絵本の原画を中心に、児童文学や短歌などの文筆作品の紹介もします。
108歳まで生きそうな気がしている作家の、途中経過報告の展覧会です。
※在廊日はSNS等に掲載

◎漫画家・萩岩睦美さん『桜の子』原画展示
会期中、陣崎草子の長編作『桜の子』(文研出版)の絵を担当くださった萩岩睦美さんが、カラー原画をゲスト出展してくださいます。

2016_koten_ura.jpg

★共著者さんのサイン入り本の販売
『桜の子』 絵を担当くださった萩岩睦美さんのサイン入り
『オムライスのたまご』 著者の森絵都さんのサイン入り

★原画の展示
絵本『おむかえワニさん』他、いくつかの本の原画を展示します。

すごく久しぶりの個展です。
ぜひぜひ足をお運びいただけますと幸いです。
posted by 草子 at 08:13| 展示・イベント

2016年10月25日

最上一平さん こころのふるさと展(東京・羽村市)

作家、最上一平さんの「こころのふるさと展」、東京、羽村市で開催。

mogamisan_01.jpg

陣崎草子・画筆の絵本『おかめひょっとこ』の原画が展示されます。
11/2(水)〜13(日) 10:00〜17:00 最終日16:00まで
11/5(土) 14:00〜最上一平さんの図書館児童文学講演会
会場:羽村市生涯学習センターゆとろぎ

★絵本原画の展示
『からかさにざえもん』(最上一平・作、国松エリカ・絵、文研出版)
『おかめひょっとこ』(最上一平・作、陣崎草子・絵、くもん出版)

『おかめひょっとこ』に関する記事はこちら
自分でいうのも何ですが、気合いの入った絵です。
最上一平さんの独特の空気を放つ物語、言葉なくしては生まれなかった絵だと思っています。
原画の迫力をぜひ味わっていただけますと幸いです。

mogamisan_02.jpg

11/5(土) 14:00からは、同会場にて最上一平さんの図書館児童文学講演会があります。
入場無料ですので、ぜひ足をお運びくださいませ。
 

posted by 草子 at 06:50| 展示・イベント

2015年07月27日

【イベント】おばけ☆おばけ☆ファッションショー

8月1日(土)品川区立ゆたか児童センターさんで
おばけのファッションショーのイベントが開催されます。
児童文学作家の田部智子さんと講師として参加します。
ユニークなおばけをいっしょに作りましょう!
『おむかえワニさん』の幻灯朗読もします。

wanisan_obake.jpg

【開催詳細】
おばけ☆おばけ☆ファッションショー
8月1日(土)午後1:30~4:30 先着30名
対象:乳幼児親子、小学生、中高生
会場:品川区立ゆたか児童センター
お問い合わせ:03-3786-0633
参加対象は原則、品川区民ですが、
区外であっても希望者が少数であれば参加可能かも、とのことです。

どんなおばけが見られるかな?
ご参加お待ちしております。
いっしょに夏のおばけたちと遊びましょう。
 
  
posted by 草子 at 16:10| 展示・イベント

2015年06月25日

『ユッキーとともに』が読書感想画コンクール課題図書に

『ユッキーとともに』最上一平・作、陣崎草子・絵、佼成出版社・刊
静岡県のなつやすみ読書感想画コンクール課題図書に選定されました。

yukki001.jpg

『ユッキーとともに』は小学校3、4年生の部に選定されています。
夏休みに『ユッキーとともに』を読んだ3、4年生のみなさんが、物語の内容や感想を絵にしてくださるとのこと。
『ユッキーとともに』の物語には、印象的なシーンがたくさん出てくるので、どのような絵が飛び出すのか予想がつきません。小学生のみなさんが、『ユッキーとともに』をどんなふうに絵にしてくださるのか、めちゃくちゃ楽しみです!
ぜひとも、夏休みの気分満点の『ユッキーとともに』を読んで、コンクールにチャレンジしてくださいね。

ちなみに担当編集者のFさんは『ユッキーとともに』を選んでくれた方はみんな「ギューってしたい!」と言っておられました!
私も『ユッキーとともに』を選んでくださったみなさんに、応援エネルギーを送りたいと思います。
物語を楽しんで、物語の世界を絵にする楽しさを感じてくださいね。
 
 
posted by 草子 at 15:00| 展示・イベント

2015年05月11日

イベント報告:文学茶話会「子ども⇔大人のこんにちは児童文学」

4月26日(日)に、千葉県柏市の児童書と絵本の専門店ハックルベリーブックスさんにて、文学茶話会「子ども⇔大人のこんにちは児童文学」のイベントが開催され、パネルトークに参加してきました。

イベントの趣旨は、以下のようなものでした。

(1)まず前半に、とある4冊の児童文学、ヤングアダルト、青春文学からキーワードを引き、そのワードを元に参加者全員で物語を創作し、出来た作品を発表、物語をつくる楽しみを感じようというワークショップを行いました。

(2)そして後半では、参加者の中にテーマ書籍を書いた作家や、担当編集者が紛れていたことが明かされます。私も児童文学の作家として、覆面参加のような形でワークショップに加わりました。パネルトークでは他の作家や編集者、参加者のみなさんと児童文学についてさまざまと語り合い、意見交換する場を持ちました。
作家は坪田譲治賞作家の濱野京子さん、エンターテイメントなヤングアダルト作品で大活躍中のIさん、そして陣崎草子が、編集者は偕成社のSさん、講談社のKさんが前に出てお話しました。

◆今回、テーマ本としてあげられたのは、以下の四冊でした。


国家間の戦争による人々の痛みを、姿を消した「舞姫」と中立国にある戦災孤児を集めた学舎の少年少女の歩みを追うことで描く異世界ファンタジー。


一九六〇年代スペイン、戦争によって分断させられた人々の生活を背景に、一人の少年が人間や真実の裏と表を見つめ、葛藤し、成長してゆく姿を描く物語。


日本人の少年が主人公ながらシンガポールを舞台にした異色の戦争児童文学。ゴーストに接触することで多くの日本人が見過ごしてきた加害国としての歴史と出会う少年少女の物語。


友人たちと野犬捕獲阻止作戦を企図して奔走する中学生男子の物語。人間の社会に追われ、殺されようとする犬が、人間の少年に伝えることとは。


テーマ書籍はそれぞれに描き方は異なれど、戦争や、動物と人間の関係など、社会的な目線を持った物語であるという共通項から、「児童文学と社会性」というテーマを皮切りにトークが進行しました。
それぞれの作家や、本を世に送り出す編集者が、戦争や社会的な問題について書くとき、どういうスタンスを取っているか、また、どのような疑問や課題があるかといったことを聞くことができ、興味深い内容となりました。

メインテーマ以外には、以下のような話題も出ました。
・装丁の効果や、どのような装丁に惹かれて買うか。
・ヤングアダルトという名称をどう考えるか。
・児童文学の世界にはそもそも「大人の文学ではできない、新しくチャレンジングで実験的なことをしよう」という空気があった。
・絵本の作家と児童文学の作家の関係、遠さや近さについて。
・現役中高生のコミュニケーションの様態について。
・電子書籍について。
・こどもに本を読んでもらおうと思ったら、まず大人がもっと本を読めばよい。
・児童文学には大人も読まないと勿体ないような凄い作品がたくさんある。

ハックルベリーブックスさんのHPでも、レポートを掲載くださっています。
http://www.huckleberrybooks.jp/blog/archives/279.html

とても刺激的で充実した時間となりました。
ご参加くださったみなさま、ハックルベリーブックスさま、ありがとうございました。

 
posted by 草子 at 00:00| 展示・イベント

2015年04月21日

植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ・5月

「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」のイベントを開催します。
自然好きな方、親子づれ、お一人での参加、などなど大歓迎!
4月現在で、あと5〜10名はご参加いただけそうかな、という感じです。
ご応募、心よりお待ちしております。

草花散歩会、詳細・お申し込みはこちら

8049536133_0d27408e14.jpg

2015年5月16日(土)11:00〜17:00頃迄(受付:10:40〜)
[開催場所] 長沼公園、および八王子セミナーハウス

自然豊かな八王子の長沼公園と八王子セミナーハウスで、草花を観察しながらお散歩する会をひらきます。ナビゲーターは植物博士の保谷彰彦、デザイナーの須佐岳彦、児童文学作家で歌人の陣崎草子がつとめ、ふだん見なれた草花をじっくり観察し、草花のくらしをさぐってゆきます。めくるめく不思議な自然の世界へ、いっしょにでかけませんか?

【開催詳細】
2015年5月16日(土)11:00〜17:00頃まで(受付:10:40〜)

[集合場所]
八王子セミナーハウス・ユニットハウスセミナー室A Map
[参加費]
大人(大学生以上)2500円、18才未満500円(※お支払いは当日。現金のみ。)

[概要]
・10:40〜 受付
・11:00〜 オリエンテーション、座学、解説
・12:00頃〜 昼食(お弁当:持参)
・13:00頃〜 1.5〜2hほど草花散歩。
・15:00頃〜 1.5hほど、お茶とお菓子を楽しみながら座学と発表会。

[昼食]
必ずお弁当等をご持参ください。(※セミナーハウスと公園周辺にはコンビニ等がございませんのでご注意ください。)
[服装など]
長沼公園には登山ロードに近い環境もあります。動きやすい服装と、すべりにくい靴でご参加下さい。
[持ち物]
お弁当、雨具、飲み物(近隣に自販機あり)、筆記用具、色鉛筆などの着色用具。
[参加人数]
20名まで(お申し込み順)
[その他]
※晴天の場合は長沼公園を中心に観察をし、雨天の場合は八王子セミナーハウス中心になります。また、雨の程度によっては、座学を中心としたプログラムになる可能性があります。

草花散歩会、詳細・お申し込みはこちら

IMG_0792.JPG

写真は先日、那須岳登山の帰り道に発見した在来種のタンポポです。
かなりの大輪でした。
種名はなにかな? 今度タンポポ博士に聞いてみたいと思います。
 
posted by 草子 at 18:37| 展示・イベント

2015年03月04日

絵本工房〜オリジナル絵本を作ろう!

東京品川区のゆたか児童センターさんで、
絵本を作るワークショップイベントがあります。
詳細PDF
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/kids/kf/kf02/jyutaka_g.pdf
会場
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/kids/kc/kc02/kc0225.html

第1回目 2月21日(土) お話から絵を描こう! (作コース家最終日)
第2回目 3月 7日(土) 絵本を構成してみよう!
第3回目 3月25日(水) 絵本を完成させよう!

定員: 10名程度(先着)
対象: 小学校4年生以上
時間: すべて2:30〜4:30
お問い合わせ:03-3786-0633(ゆたか児童センター)

メイン講師は児童文学作家の田部智子さん!
楽しいお話をたくさん書かれているプロの作家さんといっしょにお話作りができる貴重な体験です。
(いいな〜小学生の頃にこんな機会に恵まれたかったなあ)
イラストレーターの平澤朋子さんもご参加。
私も絵の担当としてお手伝いします。
いっしょにわいわい物語をつくりましょう。

初回にお話をつくって、すでにかなり盛りあがっているようです。
小学生や中学生、保護者の方も来てくださってるみたい。
ご興味おありの方は会場に問い合わせてみてくださいね。
 
posted by 草子 at 11:18| 展示・イベント

2015年02月14日

「Æsop100人の寓話」展

「Æsop100人の寓話」展に出品します。
2015年2月16日(月)〜2月28日(土)
11:00~19:00 土曜日は17:00まで 日曜休み
東京・表参道・ピンポイントギャラリー
http://www.pinpointgallery.com/cn2/cn299/top.html

毎年恒例の100人の作家による展覧会です。
大ベテランから新進気鋭の方までずらりと絵が並ぶ様子は毎年壮観です。
初日は早朝から作品購入のために並ぶ方もいらっしゃいます。

私は「オオカミ少年」をテーマに絵を描きました。

isop.jpg

タイトル:嘘のつき方をおしえて

狼と少年の間には物語には描かれていない事前の密通もあったのではないか。
その密通のはてに少年は狼に喰われてしまったのかもしれない。
物語を逸脱して空想を広げて描きました。

ぜひご高覧いただけますと幸いです。
 
posted by 草子 at 09:50| 展示・イベント