2017年09月20日

雑誌「GINZA」にて短歌と写真のコラボレーション

雑誌「GINZA」10月号(マガジンハウス・刊)にて
コスメのコーナーで短歌と写真のコラボレーション企画に短歌を寄稿しました。
https://ginzamag.com/

ginza1701.jpg

シャネルの新作香水「ガブリエル」とのコラボ記事もあります。
「ガブリエル」はココ・シャネルの本名。
シャネルが新しい香りを発表するのは十数年ぶりとのことで、ココの本名を冠された新作にはシャネルの情熱と本気が託されているのでしょう。
新時代を開く革新的な魂たちへのエールです。

写真家のYoshiaki Todaさんは御年70歳の大御所で、重厚芳潤な写真に短歌を寄せられ、非常に刺激的な仕事でした。

ginza1702.jpg

ginza1704.jpg


posted by 草子 at 05:10| 本の仕事・著作

2017年09月11日

新刊『うっかりの玉』大久保雨咲・著、陣崎草子・絵、講談社・刊

新刊が出ました!
『うっかりの玉』大久保雨咲・著、陣崎草子・絵、講談社・刊
ukkari.jpg

なんと、江國香織さんが推薦の帯文を寄せてくださっています!
私は装丁画と中の挿絵を担当させていただきました。

本書は「児童文学」でありながらも、すべて「おとしより」の物語でまとめあげられているという、珍しい物語。
ですが、その珍しさも、大久保雨咲さんのふんわりとやわらかい中にスパッと個性が鋭く光る文章にふれると、納得です。
はじめて原稿を読ませていただいたときから、大久保雨咲さんの書かれる文章、物語にすごーくトキメキを感じました。
大久保雨咲さんにしか描くことのできない、独特の世界観や視線や言葉づかいがきらきらと光っていて、とても新鮮な読書体験を得たのでした。
雨咲さんの物語に出会わせてくださった、編集担当の松田素子さんと講談社のSさんに深く感謝申し上げます。

ukkari02.jpg

帯をとった装丁はこんな感じです。
今回、雨咲さんの新鮮な物語に触発されて、自分でも新しいことをしたいなと思い、切り絵や布を使った絵にチャレンジしました。
すると、タカハシデザイン室の高橋雅之さんが、なんともいえず愛おしいチャーミングな本姿にしてくださいました。心より感謝!

ukkari06.jpg

紙と布のテクスチャの違いが気持ちよいです。

ukkari03.jpg

収録作は全部で6話。そのすべてがおばあさんやおじいさんの目線や人生を通して描かれているのに、不思議な文章の力によって、人の心の根深いところにある童心が揺さぶられます。
サトウキビをかじったときのような滋味深い甘やかさの中に、ふいに生と死の陰影が垣間見えてハッとしたり。

ukkari04.jpg

ukkari07.jpg

甘さと、ちくりとした毒や哀切とユーモアの調合が、えもいわれず魅力的!
思わず目を丸めて、くすくすと笑ってしまいます。

ukkari05.jpg

大久保雨咲さんのこの新鮮な物語『うっかりの玉』に、たくさんの方に出会って欲しいです。

大久保雨咲きさんは前作『ドアのノブさん』は「大人もハマる児童書」としてテレビで紹介されていました。
本作『うっかりの玉』も、子どもからお年寄りまで、あらゆる人の心にじわーっと届き、くすくす笑いやほっこりした笑いを届けてくれる物語だと思います。



ぜひとも手にとってくださいませ!
どうぞよろしくお願いいたします!
 
posted by 草子 at 10:11| 本の仕事・著作

2017年03月28日

文庫解説『蚊がいる』(穂村弘・著、角川文庫)

穂村弘さんのエッセイ集『蚊がいる』の文庫版が刊行されました。
私は文庫解説「逆だよ! 逆う!!」を書かせていただいております。
本書は装幀デザインが横尾忠則さん。
穂村弘さんと又吉直樹さんとの対談も収録されています。

kagairu.jpg

さて、この件に関しては述べたいこと(というか、述べてみたいこと)がありすぎて、脳内の整理がつかない状態ですので、後日、この項目は改めて追記、更新します。
フェミニズムと絡めて穂村弘さんを見たいようでもあり、穂村さんの作品は絵本表現においてもフェミニズムと不思議な相互関係を見せていると感じています。
posted by 草子 at 10:00| 本の仕事・著作

2017年03月21日

新刊『高尾山の木にあいにいく』(ゆのきようこ・作、陣崎草子・絵、理論社)

新刊絵本が出ました!
『高尾山の木にあいにいく』(ゆのきようこ・作、陣崎草子・絵、理論社)
takao001.jpg

日本一登山客が多いといわれる山、高尾山。
ゆのきようこさんは、20数年間ずっと、毎月高尾山に登って自然観察を続けてこられた方です。
そのゆのきさんと一緒に何度も高尾山に登り、樹木の姿を観察して描いた絵本です。

takao_naka01.jpg

5月、新緑の高尾山は本当に眩暈がするような美しさです。
天上的な歓喜におそわれます。

takao_naka02.jpg

高尾山だけで、千数百種の植物が生きているといわれ、イギリス全土の植物種の数にも匹敵するほどとのこと。
とても生態系の豊かな山で、低山には生えないといわれているブナやイヌブナも生えていて、それ故か、独特の柔らかくも鮮やかな新緑風景が広がっています。

takao04.jpg

絵本の中にはメインの樹木以外にも、この季節に見られる高尾山の珍しい草花や虫や鳥たちなどを描いています。
草花はすべて、実際に高尾山で見たものたちです。

頂上から富士山を望める高尾山の縁起は古いですが、江戸時代には特に、庶民の信仰を集める霊山として登山客の絶えない活況を見せました。その活況は現代においていよいよ華やぎを見せ、なんと世界規模となってきており、外国人登山客の姿も多く見かけます。

また、高尾山は飯縄権現を奉る山岳修行の地でもあり、そのような多面的な歴史的背景を持つためでしょうか、登山道の道々には静かな荘厳を感じさせる場と、親しみやすい明るい雰囲気の場所とが混在し、多彩な表情を見せています。

この絵本のお仕事は、高尾山から「山や植物について学びに来なさい」と声をかけていただいた、という仕事だった気がしています。
絵本を描くために一人でも何度も高尾山に登りました。
登る内に、高尾山は生態系や自然の豊かさ美しさを伝えてくれる山であると同時に、人間による自然破壊や、温暖化の現状についても教えてくれている山だと感じるようになりました。

山は多くの登山者を大らかに受け入れていますが、それは自然に触れる喜びを与えてくれると同時に、人間の無知と無感覚が引き起こしているさまざまの破壊状況についても、思い馳せる機会を与えてくれている、ということなのだと思います。
たくさん人に、自然がいかに人間の生存にとって重要なものであるかを、今後も伝えてゆきたいと思います。
そのためにはまず、とにもかくにも美しい自然に触れ、愛着や敬意を心に芽ばえさせることが重要だと感じています。
大切さに真から気づいたとき、初めて人は「それ」を守ろうと動きだすのでしょうから。

takao006.jpg

takao005.jpg

たくさんの手作りPOPを作りました!
書店員さんにも、とっても喜んでもらえました。

takao007.JPG

takao008.JPG

高尾山に向かう京王線の沿線にある啓文堂さんなどの書店さんでは、POPつきで大きく展開してくださっています。

ぜひとも、この絵本を片手に、高尾山の樹木をたどり、本物の木々、草花の美しさに触れてくださいませ。


 
posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2017年02月16日

海外翻訳『おこめようちえん』(苅田澄子・作、陣崎草子・絵、講談社)

はじめて絵本が海外にて翻訳出版されます。
『おこめようちえん』(苅田澄子・作、陣崎草子・絵、講談社)

okome_honyaku.jpg

中国語での出版になり、北京の出版社から刊行されます。
同じアジアでお米文化を持つ中国のこどもたちにも、楽しんでもらえますように!

okome_honyaku02.jpg

じゃん。
と、「ザ・日本!」という感じの食べ物風景なわけですが(笑)、中国の子たちはどんなふうに思うのかなあ。
中国でもお寿司なんて食べられているのでしょうか?
先日、京都や沖縄に行ったのですが、周りの観光客は中国や韓国から来た方ばかりでした。
中国た韓国の方にとって馴染み深い、あるいは珍しい日本食が何なのか気になります。
ご近所で、同じお米文化とはいえ、お料理はまったくバリエーション豊かに枝分かれして発展しているというのが、文化や人間の面白さだなと感じます。

ちなみに以前、中国出身の方に聞いた話では「本当に高級な素晴らしい中華料理は日本に伝わっていない」とのことで、さる地方の伝統的な高級中華料理のお話をいろいろうかがいました。
実際の食材(例えば白菜とか、魚とか)に、いかにそっくりに似せて美しく作るかに腕をふるう高級料理文化があるそうです。
そういう料理文化は日本にぜんぜん伝わって来ていないそうなので、いつか本場中国で出会ってみたいものです。
 
posted by 草子 at 20:13| 本の仕事・著作

2016年10月27日

新刊!『オムライスのたまご』(森絵都・作、陣崎草子・絵、講談社)

tamaki001.jpg
新刊『オムライスのたまご』(森絵都・作、陣崎草子・絵、講談社)が出ました。
作者は直木賞作家の森絵都さん。
ウルトラチャーミングで面白い幼年童話の本ができました!

11月10日からの個展では森絵都さんにサインを入れていただいた本を販売しますので、ぜひそちらでお求め頂けますとうれしいです。

西荻窪ウレシカでの個展・詳細

たまごのたまきが「あこがれのオムライス」になるためにさまざまなアクシデントをのりこえて「レストラン小山」をめざすお話です。
森絵都さん、以前から大ファンですが、童話を書いてもこんなに面白いなんて〜。
こどもたち、大ウケまちがいなしですよ。
ちょびっとの毒味やエスプリのきいた言葉の数々が、たまきやたくさんのたまごたちの奮闘をいっそうチャーミングに輝かせます。
装丁デザインは望月志保さん(next door design)で、絵とばっちり相性のこれまたキュートな姿に仕立ててくださいました。ケチャップ美味しそう〜。

tamaki002.jpg

しわしわおじいさん。最初のほうに登場するおしょうゆのにおいのするおじいさん。
意外にあとで重要人物となったりして……。

tamaki003.jpg

たまきの「がんばり」がもういちいちキュートなんです!
すっかりたまきのファンになってしまい、描くのが楽しかったのなんの。

tamaki004.jpg

うわさの小山シェフです。
すばらしいオムライスを作りますが、この方が割とけっこう……ムグムグ……。

ああ、どうかたくさんのこども達がこの本に出会ってくれますように。
ぜったい面白いよー。

 
posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2016年10月24日

『穂村弘の、こんなところで』対談収録

『穂村弘の、こんなところで』(著・穂村弘、写真・荒木経惟、KADOKAWA・刊行)
歌人、穂村弘さんの対談集が刊行されました。
konnatokorode001.jpg
本書は資生堂の文化誌「花椿」の連載がまとまったもので、穂村弘さんが小説家や劇作家、俳優、デザイナー、学者など、さまざまな分野で活躍する方と対談し、「何かを作ること、表現すること、その分野で戦うことの秘密について訊いていく」というもの。

名だたる著名人に囲まれて、なぜ私が、という感じですが、私も「歌人・絵描き」として対談に登場させていただいています。
写真家のアラーキーこと、荒木経惟さんの写真も、「時代の人」を撮影しペイントをほどこす手法は毎回鮮烈。
私のときには、絵本『おむかえワニさん』とコラボレートしてくださっています。(目が飛び出ました)
対談をまとめて下さったのは、瀧井朝世さん。瀧井さんは数々の文筆家のインタビューを記事にするお仕事をされており、いつも敬意をもって深く対象の創造の根に迫る手腕がみごとだなと思って拝読していましたが、私の対談でも、散らばった内容をきりっとまとめて頂いていて、原稿を読んだときは驚きました。
装丁デザインは、対談にも登場の名久井直子さんが担当されています。拙作『桜の子』の装丁の打ち合わせでお会いしたときは、本書の対談内容そのままの職人的などっしりした佇まいに魅了されました。

穂村弘さんの対談は「その人の才能や、なぜその表現ができるのかの謎に迫る」という姿勢で展開されることが多いように思いますが、本書も「時の人」である方々に素朴かつ鋭い、直球変化球織り交ぜた質問で切り込んでおられます。
どの方の対談も滅法おもしろいですが、ミナ・ペルホネンのデザイナー、皆川明さんの対談など、魚市場でマグロをさばく仕事をしながらミシンを踏み、アサリを仕分けながらあの可愛いデザインを生み出す素地が生まれていた話など、意外性にあふれ、絵を描く方にとってはすごく刺激的かつ嬉しい内容ですよ。

ちなみに、対談の中で穂村さんが触れてくださっている、このブログの「あしたしんでもしあわせ」というタイトル。
穂村さんは昔からよくこの件についてはいろいろ言ってくださってましたが、穂村さんのみならず、けっこういろんな方が、私に会うとブログタイトルについて言及してくださるんですよね。
ブログのタイトルを決めたのはもうずいぶん昔のことですが、タイトルを決めたその瞬間のことはけっこう強烈におぼえています。
心の底から笑いがこみ上げて、おかしくってしかたない、という感じで、ひとり、めちゃくちゃ笑っていました。いったい、どういう心理状態だったのか謎ですが、「すごく正しいタイトルだな、これしかありえない」と思ったのでした。
「きょうしんでも」ではなく、「あしたしんでも」であるところに、自分の死生観がよく表れているように思います。
死ぬならば死を自覚して、よく死を味わいたい。
そんな思いからの「あしたしんでも」なのでしょう。
何年も前の自意識から生まれた言葉ですが、以後の人生でもこの価値感は変わらなさそう。
同様に、穂村さんとの対談でお話した内容も、私に関しては、自分の人生や環境の変遷によって変化する、ということのないお話をしていると思います。

さらにもうひとつ!
対談の中では「穂村さんに背後に城が見えた」という話をしていて、穂村さんが「あ、日本の城ね、洋風の城かと思ってた」というシーンがあるのですが、これ、とっさのことで否定できなかったんだけど、日本の城じゃないんです!
世界中の誰もが「どうでもいいわ」と思うことでしょうけれど、せっかくなので追記しておきます。
ではどんな城なのかというと、という話は、いつかどこかで機会があったら言うか書くかするかな? しないかな?

そんなこんなで、私はともかく、ですが、刺激的で豪華な「表現の秘密」が41対談。
あとから振り返ったとき、「今」という時代の文化を記録する貴重な対談集となりそうです。
ぜひぜひ、手にとってみてください。



posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2016年07月13日

新刊『はじめてのえいごえほん にほんのおはなし2』(くもん出版)

新刊が出ました。
『はじめてのえいごえほん にほんのおはなし2』
(監修:田島信元、再話:ささきあり、くもん出版)
http://kumonshuppan.com/ehon/ehon-syousai/?code=29473

mukashi001.jpg

私は「はなさかじいさん」の絵を描かせていただきました。

mukashi002.jpg

ちいさな子がはじめて出会う「むかしばなし」
そのおはなしを、英語と日本語の二カ国語で楽しめるというなんとも嬉しい本です。
英語の読み聞かせと歌のCDもついていますよ。

一冊の本に三つのお話が入っていて、この巻には「うらしまたろう」「つるのおんがえし」「はなさかじいさん」が収録されています。
それぞれに、現代的な絵、民話的な絵、デザイン的に洗練された絵と、異なる個性の絵描きが絵をつけていて、さらに歌までついているという、文も絵も、目でも耳でも、さまざまに楽しめる工夫いっぱいの絵本になっています。
『にほんのおはなし1』がすでに刊行されていますが、とても人気があるそうです。
これだけ工夫いっぱいの本なら、人気もうなずけます。

小さなお子さんたちが生まれてはじめての昔話の世界に出会う時間が豊かなものとなりますように。
手にとって、お子さんと楽しんでいただけますと幸いです。



posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2016年06月10日

歌集『春戦争』電子書籍刊行

陣崎草子 第一歌集『春戦争』(書肆侃侃房)の電子書籍版が刊行されました。



新鋭短歌シリーズの他のラインナップ歌集も電子化されているようです。
この機会にぜひ、お読みいただけますと幸いです。
 
タグ:短歌
posted by 草子 at 08:00| 本の仕事・著作

2016年04月26日

新刊『桜の子』刊行!

『桜の子』(作・陣崎草子、絵・萩岩睦美、文研出版・刊)
とても大切にしていた物語がいよいよ刊行されます!
sakuranoko.jpg
刊行日は4月26日、書店やネットショップにはもう少ししたら配本されることと思います。

このお話は、小学校5年生の香衣と糸子、ふたりの少女の物語です。
私としては、物語を書くようになってから、初めてピアノを弾くように柔らかな筆致で書けた物語。
大切に思っている本を刊行することができ、とても嬉しく思っています。

★ストーリー
香衣と糸子ちゃんは学校ではあまり話しませんが、ある日、近所の小姫神社で神主さんから、江戸時代に亡くなった伝説の少女「桜の子」のお話を聞いたことから、桜の子の「お骨」探しをいっしょに始めるようになります。
江戸時代に亡くなった子の骨なんて見つかるわけない、と思いながらも、取り憑かれたように桜の子のお骨を探す糸子ちゃんに、次第にひきつけられてゆく香衣。
桜の子とは、いったいどういう存在なのか。
桜の子は、糸子ちゃんと香衣になにを伝えようとしているのか。
だれかと友だちになるということ、だれかといっしょに遊んだ日々のこと、そして、それらの美しい瞬間の数々が、いつか、未来の自分に語りかけてくるということ。
そんな思いを物語に託して綴った、小さなファンタジー作品です。

★装丁画と挿絵
絵はこどもの頃に少女漫画雑誌「りぼん」で「銀曜日のおとぎばなし」に出会って以来、不思議な世界への優しい眼差しに魅せられ続けている、漫画家の萩岩睦美さんがご担当くださいました。
思い描いていたとおりの上品で愛らしい姿として二人の少女を描いてくださり、胸ふるえる思いです。
香衣と糸子に命を吹き込んでくださいました。本当にありがとうございます。

また、装丁デザインは、名久井直子さんがご担当くださいました。
さまざまなデザイン的制約もある中、とっっても愛らしい本姿にしてくださり、深く感謝申し上げます。
打ち合わせでお会いした名久井直子さんは、一目でわかる「魔法使いの手」をされていて、おどろきました。


★本にまつわる不思議なこと
『桜の子』は、事前に読んでいただいた方の声をきくと、私が今まで書いた物語の中でもいちばん好きだと言ってくださる方が多いお話です。
また、この物語をつづっている過程やつづり終わったあとにも、物語の中の人々がこちらに語りかけてくるような、不思議な出来事がさまざまにありました。
物語って、自分の力だけで書くものじゃないんだな、見えない何者かからの声に耳を傾けながら書くものなんだなということを体感した、記念碑的な作品でもあります。

この、作者にとっても愛しくてならない物語が、たくさんの読者の元に届いてくれますように。
こどもたちが、やわらかな風を感じてくれますように。
祈りを込めて送り出したいと思います。



posted by 草子 at 11:51| 本の仕事・著作

2016年03月25日

装丁画・『短歌ください 君の抜け殻編』(穂村弘・著)

装丁画を担当させていただいた本が刊行されました。

kudasai_kiminuke001.jpg

『短歌ください 君の抜け殻編』(穂村弘・著、KADOKAWA・刊)

本の雑誌「ダ・ヴィンチ」誌上で長期連載(なんと8年目!)されている人気コーナーの書籍化第三弾です。
歌人の穂村弘さんが、投稿された歌に評をつけておられます。投稿歌人の方々の中には活躍目覚ましい方も登場され、短歌の新しい門を開く才能が集まる場ともなっているようです。
装丁デザインは一巻、二巻に続き川名潤さんがご担当くださり、素敵なデザインにしてくださいました。

kudasai_kiminuke002.jpg

今回帯に選ばれた、ほうじ茶さんの短歌は本のサブタイトルにもなっています。
ハッとする発見のある、妖しい愛の歌ですね。「抜け殻の君」には現実がにじみますが、「君の抜け殻」には非現実への憧れが輝きはじめることの不思議に気づかされます。「魂の抜けたような」という言い方がありますが、これはいったいどのような状態をさしているのか、言葉の意味の再考をせまられるようです。
現実的な苦労から鮮やかに逃げきってやろうとする悪女めいた感触もあり、しびれます。

興味深いのは、本書の中ではこの歌、穂村弘さんの評がずいぶんあっさりとしているんです。
最終的に本として編んでゆく過程で、歌の強さが浮きあがってきたのでしょうか。

また、『短歌ください』のもうひとつの特徴として、「お題」そのものに注目するのもおもしろいように思います。これらのお題にはおそらく、評者である穂村弘さんご自身の関心や問題意識が投影されています。
穂村さんは他のご著作でも、日常の細部(たとえばペンとか)から世界の全体像を探りだそう暴きだそうとする型の考察を見せておられるように思いますが、『短歌ください』では、関心のあるホットな題材を投稿者にむかって投げることで「現代を生きる人々には題材を通して世界がどう見えるのか」を眺め、それをご自身の考えにフィードバックされているところがあるのではないか、という気がします。

そういう意味で興味深いのが、「ブラジャー」のお題でしょうか。
この『短歌ください』に登場するブラジャーのお題の話は、穂村さんの対談集の中にも話題が出ていました。
また、実はこのお題が登場する前に穂村さんとお話することがあったさい、「ブラジャーのことがなんだか気になる」とおっしゃっていたことがありました。何が気になるのか、そのときは具体的に聞くことはできませんでしたが。
おそらく「ブラジャー」というものを「短歌」という箱に入れて徹底的に観察することで、この世界の謎がほんの少し解明される可能性があると思われるために、気になるのではないでしょうか。
解明される謎とは、ひょっとしたら「男女の非対称性」についてかもしれないし、「隠すという行為に隠されたなにか」であるかもしれないし、あるいは「あの丸い形状や装飾性に投影された社会構造」なのかもしれません。

考えてみると、原始的な部族ではそもそも「胸を隠す」という習慣自体ありません。
なにであれ「隠す」という行為が発祥する原初の段階には、人間という存在そのもののなんらかの秘密が封じられているように思います。
また「隠す必要」について、機能面での理由が容易に想像できる「パンツ」より、「ブラジャー」のほうにより、文化の発達にともなって後天的に現れだした人間の精神性を感じるようでもあります。
原始的な部族においても「下」は早い段階で隠しはじめたはずですが、「上」を隠すという発想は、社会性がなんらかの段階を迎えたことによって生じたのでしょう。
その「段階」とは、いったい何なのか。

このように「短歌」というものは、どうも私たち人間の生きている世界の「謎」を、一度「箱(定型)」に閉じこめることによって、その「素材(言葉)」に封じられた「この世界の秘密を少し解放する」といった機能もあるようです。
短歌という詩型は、箱の内部でなんらかの物理現象を生じさせるさせるためのブラックボックスになっているようでもありますね。なんとも興味深いです。

また、どうやらさまざまな表現ジャンルは、上記にあげた「短歌のブラックボックス機能」のように(短歌の機能はこればかりではありませんが)、個々のジャンル独自の機能特性を持っているようなのです。
私の属するジャンルでいうなら、絵には絵の、絵本には絵本の、児童文学には児童文学の、それぞれ特徴的な機能特性があります。これはいわば、ジャンルそれ自体から「このジャンルが持つ機能特性を活用することで解明し得る “この世界の謎" を追究せよ」と要請されているかのような働きをみせるらしく感じています。

「目は目のやり方によって、鼻は鼻のやり方によって、口は口のやり方によって、それぞれに世界を感じる」
そのようなジャンルごとの機能差、役割の差があることを、近ごろ強く認識しはじめています。

kudasai_kiminuke003.jpg

今回の絵は、金色など発色の強い色もいろいろ使っているので、いつかどこかで原画を飾りたいなと思っています。


 
 
posted by 草子 at 05:44| 本の仕事・著作

2016年03月18日

新刊『らくごでことわざ笑辞典 犬も歩けば』斉藤洋・著、陣崎草子・絵、偕成社・刊

出ました! 人気の斉藤洋さんのらくごシリーズ第3段です。

rakugoshojiten001.jpg

『らくごでことわざ笑辞典 犬も歩けば』(斉藤洋・著、陣崎草子・絵、偕成社・刊)
今回は「ことわざ」がテーマで、よく知ってることわざも、聞いたことのないことわざもどんどん出てきます。
頭がぐるぐるするような言葉あそびと謎かけと笑いがいっぱい。

rakugoshojiten003.jpg

今作は、前作で主役をはった一郎くんと、その友だちの太郎くんのストーリー。
「たいほイッパツ!」Tシャツがトレードマークの、太郎くんの恋のゆくえを追っていきます。
ん……牛? 牛がどうかしたのかな? はてはて。

rakugoshojiten002.jpg

「かまだ かまだ」と、なんだか謎のよろこび方をしているタヌキ。
編集のSさんと私のお気に入りのページです。

rakugoshojiten004.jpg

そして! 本作でもまた「あの人」がなんだかんだと登場して活躍しています。
宇宙人になったりふんどし姿になったり、いつもいちばん忙しい「彼」です。

装丁デザインは前2作につづいて、山ア理佐子さんがご担当くださいました。
いつも本当に工夫いっぱいの楽しいキッチュな姿の本にしてくださいます。
本書もすみからすみまで愉快にシャレた本姿になっており、こどもたちもきっと楽しんでくれることと思います。

新学期の初笑いにぜひ、『らくごでことわざ笑辞典 犬も歩けば』を手にしてくださいませ。


 

ちなみに、シリーズ第一作の『らくごで笑学校』が、このほど増刷になりました!
ありがとうございます。
全国の小学校でたくさんの小学生たちが、くつくつお腹をかかえて笑ってくれていると思うと、とてもうれしいです。


 
posted by 草子 at 20:00| 本の仕事・著作

2016年03月15日

新刊『3日で咲く花』(偕成社)に「飛ぶ世代」収録

タイムストーリーシリーズ『3日で咲く花』に「飛ぶ世代」という掌編小説を収録いただいています。

mikka001.jpg

本書は日本児童文学者協会の編纂による、5名の作家の「3日間」をテーマにしたアンソロジーです。
執筆者は、白矢三恵さん、渡川浩美さん、加藤純子さん、小手毬るいさん、そして陣崎草子の5名。
緊張感のあるハイセンスなイラストは田中寛崇がお描きくださっています。
偕成社より刊行・公式サイトはこちら

私は「飛ぶ世代」という作品を寄せており、20枚の掌編ですが、けっこう気合いを入れて書いた作品ですので、ぜひぜひ! お読みいただけますとうれしいです。

 
 飛ぶ世代。
 君たちは、そう呼ばれる最初の世代になるかもしれない。



近未来、「特殊航空専科学校」という、航空部隊に入隊するための専科学校を受験しようとする中学三年の女生徒たちの3デイズキャンプの話を書きました。田中寛崇さんが、意志的な表情の少女たちをかっこよく描いてくださいました。
「国防」や「救命」、良心や正義とはなにかという葛藤の中にむかっていく若者たちの人生の、開演前夜といった風情のストーリーです。私の作品の中では、ハードな内容のものになっています。
本作で書いたテーマには、今後も取りくんで行きたいと思っております。

「時間」をテーマにした、このタイムストーリーシリーズはどの巻の装丁もオシャレで目を引き、とても人気のあるシリーズとなっています。どの巻から読んでも面白いですので、ぜひ手に取ってくださいませ。


 
posted by 草子 at 10:00| 本の仕事・著作

2015年11月01日

新刊『つくしちゃんとすぎなさん』まはら三桃・作、陣崎草子・絵、講談社・刊

新刊がでました!
『つくしちゃんとすぎなさん』まはら三桃・作、陣崎草子・絵、講談社・刊

tsukusugihyo.jpg

毎日新聞の西日本版で連載されていた物語が本になりました。
作者は次々に魅力的な話題作を生み出している、坪田譲治賞作家のまはら三桃さん。
大好きなあこがれの作家さんです。
本作の打ち合わせで、まはら三桃さんが「自分の中の”かわいい”を注いだ」とおっしゃっていて、わたしもつくしちゃんのかわゆさにノックアウトされていたので、「では、かわゆいピンクな表紙にしましょう!」という話になりました。
そして描き上がった表紙の絵は、自分でも「わあああ」と踊り出してしまうほどかわいい絵が描けたと思っていて、ひそかにとても気に入っています。
(原画の色が、ふわふわしてていいんです。ぜひどこかで原画飾りたいなあ)
ブックデザインは脇田明日香さん。とてもチャーミングな姿にしてくださいました。

物語は、つくしちゃんが友だちのるなちゃんから「あのツタの絡まった家には悪い魔女がいるらしい」とささやかれるところから始まります。

tukusugihyo003.jpg

お母さんがイギリス人のつくしちゃんは、グリーンの瞳をぱっちり開いて、お庭のむこうの「ある人」の正体をたしかめようとします。

tukusugihyo004.jpg

悪い魔女ってほんとうかな?
魔女って、すごーく痩せてるか、すごーく太ってるかのどっちからしいけど……。
やがてつくしちゃんは「名前がちょっとおそろい」であるすぎなさんと出会います。
すぎなさんは、魔女? それとも……。

tukushugi05.jpg

うーん? はてはて? となにかの謎について考えているようすのつくしちゃん。

つくしちゃんとすぎなさんを、いじわるな町会長さんや犬の光次郎、それにかわいい弟のふうちゃんや「ですます」調でしゃべるイギリス人のママ、お友だちのるなちゃんといった人々が囲み、物語はやさしくもときにユーモラスに、ときに切なく進んでゆきます。
物語に登場する、すぎなさんのお庭のさまざまな植物と、その料理法や意外な使われ方も楽しいです。

あたたかくて、やわらかくて、すこしさびしくて、おいしい。
そんな『つくしちゃんとすぎなさん』の物語、ぜひ手にとってくださいませ。



 
 
posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2015年09月29日

【新刊】絵本『おこめようちえん』苅田澄子・作、陣崎草子店・絵、講談社・刊

新しい絵本が刊行されました。
『おこめようちえん』苅田澄子・作、陣崎草子店・絵、講談社・刊

okome_hyo.jpg

食べものが主人公の楽しい絵本をたくさん書いてらっしゃる、苅田澄子さんとの絵本です。
苅田さんの絵本は『いかりのギョーザ』や『じごくのラーメンや』など、いつもユーモアと大胆な冒険にあふれています。
本作は、そんな苅田さんの、食の決定版「お米」の絵本です。
もみがらのお米たちが、立派なお米になるために田んぼのそばの「おこめようちえん」にかよいます。
こがめもちくんや、あきたこまちちゃん、こしひかりくんなど、いろんな銘柄の個性的なおこめたちが、田んぼの周りに暮らすいろんな生き物先生に見守られ、泣いたり笑ったり怒ったりの日々をすごします。

okome01.jpg

おこめようちえんでは、「おこめらしいあそび」をたくさんしますよ。

okome03.jpg

運動会もあります!
おこめの運動会は、ふつうの運動会とは一味ちがいます。
そして、元気に楽しんでいるお米たちと先生たちのもとに「おそろしいアイツ」がやってきます。
お米たちはピンチをどうやって切り抜けるのか!?

さて、いろんなことがあった「おこめようちえん」
卒業した生徒たちは、それぞれどんな道を歩むのでしょう。

okome02.jpg

「お米ってこんな食べ物にもなるんだ〜」
という美味しそうな食べ物もいっぱい描きました。

いまや世界中で親しまれている、食卓の主役、お米。
そんなお米が、はじめはどんな姿をしているのか、どんな環境で育つのか、そして、どういう種類のお米がどんな食べ物になるのか、といったあれやこれやを、お米たちのようちえん生活を通して楽しく知ることができます。

苅田澄子さんの物語はとってもユーモラスで大変化に富んでいます。
こんころりんのかわいいお米たちを、たくさん、楽しく描きました。
ぜひ、手にとっていただけますと幸いです。



 
posted by 草子 at 11:53| 本の仕事・著作

2015年08月07日

新刊『YA!アンソロジー 秘密』講談社

『YA!アンソロジー 秘密』(講談社)が刊行されました。
著者:小林 深雪  片川 優子  陣崎 草子  みうら かれん  安田 夏菜
絵:牧村久実

私は「秘密」をテーマに、短歌を題材にした「咲き誇れ」という中編を執筆しました。

himitsu.jpg

「咲き誇れ」は、歌人の枡野浩一さんの短歌との出会いがきっかけで交流が始まる、中学一年生の朝川朱里と、中学三年生の天川蒼一の物語です。

だれからも愛されないということの自由気ままを誇りつつ咲け  枡野浩一

物語は主人公の朝川朱里が、枡野浩一さんの歌集『ハッピーロンリーウォーリーソング』(角川書店)を図書室で手にし、歌集に収められた上記の一首に衝撃を受けるところから始まります。
朝川朱里と天川蒼一は、この歌集に短歌を書いた紙をはさみ、返歌を送りあいます。お互いを知らない者同士の「秘密」の交信。けれど、ふたりには何か他にも、人に明かしていないなんらかの事情があるようで……。

作中では、歌人の穂村弘さんの歌、『短歌ください』に掲載の冬野きりんさんの歌も引用させて頂いています。
また、天川蒼一の歌には、私、陣崎草子の歌集『春戦争』から、いくつかの歌を引きました。

何故生きる なんてたずねて欲しそうな戦力外の詩的なおまえ   天川蒼一(陣崎草子)

himitsu02.jpg

牧村久実さんが、とても素敵な絵を描いてくださいました。
カバー裏の両サイドの二人が、朱里と蒼一です。
ふたりの中学生男女は、短歌を通してどのような心を交わしあうのでしょうか。

本書は小学校高学年〜中学生を読者対象としたエンターテイメント小説です。
私自身、小学校四年生くらいの頃に、氷室冴子さんが古典の「とりかえばや物語」を小説にしたコバルト文庫『ザ・チェンジ』に夢中になり、小説読書の扉を開いてもらいました。
本書が、今の小中学生のみなさんにとって、短歌の面白さへのいざないの扉となればよいなと思って書きました。

他の執筆陣のみなさんの作品もとても面白く、また、それぞれの作中の人物が少しずつ交錯し合う様子も楽しいです。
ぜひぜひ、手にとってくださいませ。


himitsu03.jpg

「咲き誇れ」の扉絵は、分かるひとには分かる、枡野浩一さんの歌集の一頁のイメージです。
読者のみなさんが、本当に図書室や本屋さんで枡野さんや他の歌人さんの歌集に出会ってくださいますように。
あなたの学校でも、秘密の交信がはじまるかもしれません。



 
posted by 草子 at 09:03| 本の仕事・著作

2015年06月23日

『もどれっ!ルイ』増刷決定

『もどれっ!ルイ』矢部美智代・作、陣崎草子・絵、国土社・刊
増刷されました。
国土社さんの詳細ページはこちら

rui001.jpg

茶色の子犬ルイと少年の切ない物語。

rui002.jpg

ルイのいろんなポーズのカットがたくさんのってます。
たくさんのこども達の手に届きますように。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2015年05月30日

『ユッキーとともに』が増刷されました

最上一平さんとの本『ユッキーとともに』が増刷されました。
本の紹介はこちら
佼成出版さんのサイトはこちら

yukki001.jpg

最上一平さんの現実とファンタジーの交錯するしっとりと心に残る物語。
とても好きなお話で、絵も不思議な味わいの絵が描けたので、たくさん方に読んでいただけてとてもうれしいです。

最上一平さんとの本は、絵本『おかめひょっとこ』も、読んだ方から「ラストがとてもいい」「胸に迫った」とたくさんの感想を頂いております。
ぜひ、『ユッキーとともに』と『おかめひょっとこ』をどうぞよろしくお願いいたします。

okamemine.jpg
posted by 草子 at 00:00| 本の仕事・著作

2015年05月14日

新刊『わたしのタンポポ研究』保谷彰彦/著:挿絵担当

『わたしのタンポポ研究』保谷彰彦・著(さ・え・ら書房)が刊行されました。
挿絵を担当させていただきました。
http://saela.co.jp/isbn/ISBN978-4-378-03916-9.htm

tanpopoh001.jpg

草花散歩会でもご一緒しているタンポポ研究者の保谷彰彦さんの待ちに待ったタンポポ本『わたしのタンポポ研究』がいよいよ刊行されました。
私は本文内の挿絵を担当させていただきました。

tanpopoh003.jpg

昨年の「たんぽぽの幸い展」がきっかけとなって生まれた本書は、タンポポへの愛がぎゅ〜っと詰まった一冊となっています。
日本が世界有数のタンポポの国であること、そのタンポポの国日本にはどのような種類のタンポポが暮らしているのかといったベーシックな事から、不思議な繁殖方法を持っているタンポポたちの逞しい生存戦術についてのマニアックな話、そして、今、日本でタンポポたちの生態にどのような変化が起きているのか、といった研究の先端的な話など、まるまる一冊タンポポについて知ることのできる本です。

また、着目すべきは、目眩を感じるような、タンポポ研究者・保谷彰彦さんの地道なタンポポ調査や実験のレポートでしょうか。あるときは自転車で東京を、あるときは高山や離島や北海道に遠征して日本中のタンポポをアグレッシブに調査しに行く様子、調査の成果を持ち帰って研究室にこもり地道な実験にあけくれる様子には驚くやら感動するやらです。

今、日本でこれだけタンポポに詳しい方は片手におさまるほどでしょう。
ぜひ本書を手にとって、めくるめくタンポポ世界へおでかけください。
日本になじみ深い春ののどかなタンポポ野原の風景が、いっそう美しく幸いなものに見えることと思います。


 
posted by 草子 at 20:16| 本の仕事・著作

2015年04月20日

「詩とファンタジー」に掌編ファンタジー「氷の中の人」寄稿

詩と絵と物語の雑誌「詩とファンタジー」の春翼号に、掌編ファンタジー「氷の中の人」を寄稿しました。
とある女性の氷像を作る女学生の話です。
http://kamashun.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=384653&csid=8

sitofa.jpg

畑典子さんが、とてもひんやりした雰囲気のある素敵な挿絵を描いてくださいました。
生まれてはじめて人様に挿絵をつけて頂き、感動です。
春翼号は「母」をテーマにした記念特集号になっており、宇野亜喜良さん表紙絵には、猛烈な母を持ち、歌の中で幾度も母を死なせた寺山修司さんのお顔が描かれています。

koori.jpg

私は今回、「そうだ自分も詩を投稿しよう!」と思っていたところに思いがけずショートストーリー執筆のお話をいただき、驚いたのですが、これからは詩の投稿の方もチャレンジしたいと思います。
「母の詩」のコーナーでは印象的な詩がいろいろありました。
内田麟太郎さんの詩にさすがにじわりとし、谷川俊太郎さんのエッジのきいた詩に胸をつかまれ……etc
よろしければ手にとって頂けますと幸いです。

また、「詩とファンタジー」では「ポエム31」の募集もはじまるそうです。
決まりは31音の一行詩。短歌の31音。短歌じゃない31音。興味深いです。
https://twitter.com/jinsakisoko/status/588841344505749504
応募規定についての詳細は、本誌をご確認くださいませ。
 
posted by 草子 at 18:09| 本の仕事・著作