2011年01月21日

装画『おばあちゃんイスと保健室』とよしまめぐみ作

『おばあちゃんイスと保健室』
という新刊書の装丁画を描かせていただきました。



isu.jpg

http://www.higashiyama.co.jp/detail/A1497-2.html
これは東山書房さん発行の「健康教室」という月刊誌でとよしまめぐみさんが
連載されていた掌編小説40本を掲載した本です。
五年という長い歳月にわたる連載で、毎月の挿絵を担当させていただきました。
養護教諭の先生が保健室に持ち込んだおばあちゃんの形見のデッキチェアが織りなす
保健室を訪れる生徒たちの様々な心の綾を描いたお話です。

連載のなかで、何度も入学式や卒業式を体験し
小学校にあったおばあちゃんイスが中学校に移動し、と
時の流れを共に過ごした感慨の深い大切なお仕事だったので
装画を描かせていただけてとてもうれしいです。

たくさんの方に読んでいただけますように。
どうぞよろしくお願いします。

 

posted by 草子 at 18:43| 本の仕事・著作

2010年08月24日

増刷☆『玉子の卵焼き』

絵童話『玉子の卵焼き』の増刷が決定したそうです。
『玉子の卵焼き』 作:上條さなえ、絵:陣崎草子 発行:文溪堂
tamako.jpg

沢山の方に見て、読んでいただけてるということが、しみじみとうれしいです。
手にとって下さりありがとうございます。

玉子ちゃんの本の一場面を絵ハガキにしたものをつくりました。
気にいってるシーンなのです。
tama0824.jpg

暑中お見舞いやお手紙など下さった皆様には、このハガキでお返事を書かせていただくつもりです。
ではでは引き続き地下世界にもぐって、絵本の絵をせっせと描きます。
せっせ。せっせ。
 

posted by 草子 at 16:19| 本の仕事・著作

2010年07月23日

わーい増刷 ミニトマトの絵本(農文協)

農文協刊行の『ミニトマトの絵本』(著:菅原眞治)の増刷が決定しました。

minitomato.jpg

http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54009168/
Amazonはこちら

うれしい短期重版で、さすが人気者野菜のミニトマトさんすばらしい。
トマトは育てるのがけっこう難しいと言われていますが、
ミニトマトはなかなか感動的に、赤々たわわと実ってくれます。
農文協さんのこの「そだててあそぼう」シリーズは
こどもに分かりやすい絵本の体裁ながら、内容が濃密で細やかで面白く
とても人気の高いシリーズなのです。

愛知県共済さんのサイトで「ミニトマトの絵本」の中身を紹介してくださってます。
アンデスのこわいひとも描いたよ。ミニトマトの祖はアンデスにあり!
http://www.aichi-kyosai.or.jp/service/culture/internet/flower/gardening/allotment/post_742.html
続きを読む
posted by 草子 at 09:23| 本の仕事・著作

2010年06月25日

心理テストの本とケータイ短歌

sinri.jpg

三笠書房さんより刊行の『心がスッキリする不思議な「心理テスト」』
という本の絵を描かせていただきました。
心理テストは複数人でやるととても盛り上がりますね。
コンプレックスの項目が当たりすぎていてこわかったです。。続きを読む
posted by 草子 at 20:04| 本の仕事・著作

2010年06月07日

ダ・ヴィンチ「注目の新進作家」と「短歌ください」と絵本

ダ・ヴィンチ誌七月号の「注目の新進作家」のコーナーで
拙書『草の上で愛を』についての
インタビューを掲載していただきました。
書籍詳細
http://www.jinsakisoko.com/works/kusanoue.html

当日はライターの瀧晴巳さん、カメラマンの細川葉子さん、
「短歌ください」の担当編集でもあるSさんと、
とてもリラックスした空気で迎えてくださり、ありがとうございました。

『短歌ください』の今月のテーマは「記憶」です。
担当者さんに「今月は絵のサイズ大きいので大きめの袋をお願いします」とご連絡し
デザイナーさんを困らせるかもしれない、、、と思いつつお渡しした原画ですが
いつもと少し違う感じでデザインしてくださいました。ありがとうございます。
また、川上未映子さんの連載では、笹井宏之さんの歌集『ひとさらい』が
とりあげられています。

誌面もろもろご覧いただけますと幸いです。

予告を一件。
夏頃創刊予定のとある新雑誌で、絵本の座談記事を聞き書き手として
執筆させていただいております。
この記事、まだチェック段階なのですが、雑誌責任編集者さまから
「何度読んでも面白い」と言っていただきました。
語り手の方々のお話が、パンキッシュでハードなのに奇妙な脱力感があって笑える
というなんとも不思議な味わいをかもしています。
この新創刊の雑誌、執筆陣、記事内容とも、とても豪華なのです。
詳細をお伝えできる日が待ち遠しいです。どうぞご着目ください。

 
posted by 草子 at 08:49| 本の仕事・著作

2010年05月20日

『草の上で愛を』発刊

第50回講談社児童文学新人賞佳作受賞作
『草の上で愛を』が発刊されました。自身初の小説作品となります。
書籍詳細
http://www.jinsakisoko.com/works/kusanoue.html

kusanoue-shoei.jpg

穂村弘さんが推薦文を書いてくださいました。

“一日の中に「時間」がたっぷり詰まっていた頃の気持ちが溢れ出して驚いた。陣崎さんの言葉は凄い。”

穂村さんの歌集と出会ったことは、私にとって文章表現を始めるにあたってとても決定的なことだったので、光栄です。
言葉のリズムが身体に心地よく届くよう、との思いで書きました。

◇紹介文
芝生のグリーンに彩られた、いとおしい日々
中1のカン子は、親友のチイちゃんから「競馬場に行かへん?」という意外な誘いを受けた。鮮やかな芝生のグリーンを背景にして、二人の友情と成長をさわやかに描く。



装釘デザインは古賀鈴鳴さんがご担当くださいました。装画は自身で手掛けました。
とっても素敵な装釘にしてくださり、感激しております。
いとおしい姿となってくれました。

『草の上で愛を』 陣崎草子

Amazonでは予約もできるようです。発売日は5月20日です。

「他人がどう言おうが知ったこっちゃない」という態度で我が道を行く強い個性のチイちゃんと、どこか抜けていてほのぼのしたところのあるカン子との友情の日々を書きました。

見かけたら、ぜひ手に取ってやってください。
どうぞよろしくお願いいたします。


 


posted by 草子 at 01:49| 本の仕事・著作

2010年05月10日

第50回講談社児童文学新人賞佳作受賞作

第50回講談社児童文学新人賞佳作を頂戴した受賞作がもうすぐ発刊されます。
おそらく、5月20日前後には書店に並ぶのではと思います。
書籍詳細
http://www.jinsakisoko.com/works/kusanoue.html

草の上で愛を

はじめての小説作品です。
見かけたら、ぜひぜひ読んでいただけますと幸いです。

推薦文を穂村弘さんが書いてくださいました。
穂村弘さんの短歌に出会って衝撃をうけたことは
私が小説を書き始めるにあたってとても大きな影響だったので、望外の喜びです。


※ご連絡
メールの調子がおかしいらしく、私宛に添付ファイルつきでメールを送ると
エラーメッセージが返ることがあるようです。(全てではない)
もし返信が無い場合は、添付ファイルを外して再度ご連絡ください。
お手数おかけして、申し訳ありません。

 


posted by 草子 at 02:04| 本の仕事・著作

2010年04月01日

新刊『玉子の卵焼き』


絵童話の新刊が出ました。
『玉子の卵焼き』
作:上條さなえ、絵:陣崎草子 発行:文溪堂
tamako.jpg

すごい眉毛の女の子、玉子ちゃんのお話です!
主人公の玉子ちゃんは、とってもたくましい眉毛をもっていて
なんと西郷隆盛さんにそっくりという女の子です。

玉子ちゃんの双子のイケメン兄のトシくんは、勉強もスポーツもできないし
問題ばかりおこす玉子ちゃんの存在が少しはずかしいのですが
でもこの玉子ちゃん、とっても明るくていろいろとへいちゃらっこで
おまけにすごい特技をもっている、なんとも楽しくかわゆい女の子なのです。

おいしいたまご料理もたくさんでてくる、お話です。

tamako-sin2.jpg

少し見えにくいですが、このページ、自分では気にいってます。。


tamako-sin3.jpg
巻末にはたまご料理のレシピもついてるよ。


作者の上條さなえさんは10歳の放浪記のご著者でらっしゃいます。
濃密なこども時代を記した名著です。

 
posted by 草子 at 11:49| 本の仕事・著作

2010年02月14日

近日発刊予定の『玉子の卵焼き』


tamako.jpg

近日発刊予定の本の絵の一部です。
『玉子の卵焼き』
なんと、西郷さんのようなたくましいマユゲを持つ女の子のお話です。
作者は『10歳の放浪記』(すごい本です!)の上條さなえ先生です。

発行前から全国図書選定なにやら(正式名称が分からない・・・)に選定された模様の本書。
おもしろいよ! 玉子ちゃんすごい顔だけどかわゆく描いたよ!
ポケットの中にトカゲ持ってたり、友達とケンカして蹴っ飛ばしちゃったりするんだけど、でもなんだか愛くるしい玉子ちゃんなのです。


tamako02.jpg

近頃ようやく「こんな風に描きたいな〜」という自分のスタイルが掴めてきたような気が、うっすら、ぼんやり、しています。
面倒くさくもあるんだけど、どうも和紙に描くのが好きな近頃のわたしです。

 
posted by 草子 at 13:14| 本の仕事・著作

2010年02月06日

ミニトマトの絵本:農文協


そだててあそぼうシリーズの『ミニトマトの絵本』(農文協)
の絵を担当させていただきました!

minitomato.jpg

http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_54009168/
Amazonはこちら


ミニトマトを育て、観察し、描き、収穫し、料理し
とても思い出深い一冊となった本です。

お料理コーナーで出てくる『ミニトマトジャム』『塩味のミニトマトビスケット』は個人的に超おすすめです!

『ミニトマトジャム』は「おお、ミニトマトでジャム作るとこういう味になるのか〜!」という新発見の味で、何とも意外な美味しさなのですよ。
アンズやイチジクが好きな人にはたまらない味じゃないかな。

『塩味のミニトマトビスケット』は、ミニトマトのコクがじわりと出て、何故かチーズビスケットのような濃い味わいがあるのです(チーズ入ってないのに)。これも新発見かつ意外なうまさ!
どちらももう一度作って、いつか写真を載せたいと思います。


minitomato02.jpg


このシリーズ
沢山のユニークな絵描きさんが絵をつけてらっしゃるのですが
私にとってこの本に携われたのはとても大きなできごとでした。



 
posted by 草子 at 14:29| 本の仕事・著作

2009年04月28日

児童書総目録



08-mokuroku_honnokuni.jpg


2009年度の児童書総目録(中学校・小学校)
*下は小学校用

mokuroku_s.jpg

児童図書注文書の表紙の絵を描かせて頂きました。

chumon_s.jpg


イラストはギャラリーにも掲載しました。
見て下さいね。

http://www.jinsakisoko.com/gallery/08-chumon_zou.html

http://www.jinsakisoko.com/gallery/08-mokuroku_honnokuni.html


 
posted by 草子 at 12:37| 本の仕事・著作

2008年03月28日

アリスは友だちをつくらない:スウェーデン児童文学

080328_aris.jpg

スウェーデンの児童文学作品
「アリスは友だちをつくらない」
の装丁と挿絵を担当させて頂きました。

本国では発表間もなくテレビドラマ化もされているそうです。


さ・え・ら書房より刊行
グニラ・リン・ベルソン:作
松沢あさか:訳
陣崎草子:絵

ISBN978-4-378-01478-4
定価1,680円(税込み)

アリスは友だちをつくらない
※amazonに飛びます。




この本に関する私の感想、記述はこちらです。





 
posted by 草子 at 14:08| 本の仕事・著作

2008年03月26日

07年9月:装丁本「黄色いハートをつけたイヌ」

07-09-kiiro.jpg

07年9月、装丁&挿絵本の
「黄色いハートをつけたイヌ」が刊行されました。

1,500円(税込み)
ISBN-10: 4378007975、ISBN-13: 978-4378007977
ユッタ・リヒター作、松沢あさか訳、陣崎草子絵
さ・え・ら書房発行

ドイツの児童文学作品です。
朝日小学生新聞、産経新聞などでもご紹介いただきました。


挿絵の一部をサイトでご覧になれます。
http://www.jinsakisoko.com/gallery/07-kiro-copy.html
http://www.jinsakisoko.com/gallery/07-kiro-inu.html




 

 
posted by 草子 at 19:37| 本の仕事・著作

07年1月:浜田ひろすけ紙芝居全集刊行

07-01-ryu.jpg

「りゅうのめのなみだ」

全6巻 定価 本体10,400円+税
浜田ひろすけ・作 浜田留美・監修
6人の作家が、6つのお話にそれぞれ絵をつけました。
教育画劇発行

アマゾンはこちら




 
posted by 草子 at 18:57| 本の仕事・著作