2012年03月31日

新しい門出の季節


春ですね。
そこここで、新しい門出について聞く季節です。
どうぞそれぞれに、豊かな日々を。


かたちのよい建物から去り〈 cherry blossoms 譚 〉ぼくらは新しくなる


陣崎草子
posted by 草子 at 07:53| つぶやき

2012年03月27日

おくれていて


よいお天気の日々です。

仕事の宣伝も、展示の告知もお礼も
ブログの更新がとどこおりっぱなしなってしまい、反省しています。
4月になったら、なんとか。
それまで、もぞもぞと水面下にがんばっております。

心も体もげんきにおだやかにすごしております。
皆さまのもとにも、それぞれよい春のおとずれがありますように。


山風に桜吹きまき乱れなむ花のまぎれにたちどまるべく  僧正遍昭



山風に吹きまかれ、桜よ乱れ散ってほしい 散る花びらに道まぎれ、君が立ちどまるように

 
posted by 草子 at 11:34| つぶやき

2010年09月23日

つぶやき14:ツィッターをやってみて

※つぶやきは後で消しています。ささいなことなので。

数ヶ月前にツィッターというものを始めてみたのですが、一ヶ月たたない内に退会してしまいました。退会したことには特に大きな理由もないのですが、短い私の「ツィッターの思い出」の中で一番のハイライトは、友だちがツィートで以下のサイトをすすめていたのを見つけたときだったなあと思い返されます。

「福井県立図書館覚えまちがいタイトル集」
http://www.library.pref.fukui.jp/reference/mosikasite.html

三ヶ月毎くらいにふいに思い出しては、サイトを探し出してふつふつ笑いつつ見ています。
「ナニカイル」「死ねば良いのに」あたりの地味な面白さ。

『田んぼの中にタガメがいる』を 『誰がために鐘は鳴る』と見抜いてしまうのは
なんかもう神通力の世界じゃないだろうか。
っていうか、『田んぼの中にタガメがいる』は、ほんとに『誰がために鐘は鳴る』なのか……。
『年だから解雇よ』もすごい神通力ぶり。
 
posted by 草子 at 09:13| つぶやき

2010年03月22日

ゆかいなブログ


プチプチ・アニメ『エディ』でお世話になった
スタジオプラセボさんのブログがなにやら楽しいことになっていました。

http://placebo817.exblog.jp/

 
posted by 草子 at 11:58| つぶやき

2010年01月15日

年賀状と袋パンパン


東京にもどってきました。

帰ったら素敵な年賀状が来ておりありがとうございます。
喪中なので寒中お見舞いを出させて頂きます。

しかし年賀状ってステキですね。

年賀状についてはかつてこんな文章を書いたことがあります。
「冬空の星々に祈りを」
http://soko.sblo.jp/article/7934120.html

2010年度年賀状において、かの名文はとうとう絶滅していました。
いや、ほんとう言うと2009年度年賀状の時点で絶滅していたのですけどね。


どうでもいいといえば実際どうでもいい話なのですが
どうでもいいと割り切ってしまうのも何やらさびしい気もします。
なので、今年から私は「○○の食べ過ぎに注意してね!」
という決めぜりふを、手紙や葉書、メールの末尾に入れることを
はやらせる(自分の中だけで)ことを決めました。

例えば

「バームクーヘンの食べ過ぎに注意してね!」

「台湾バナナの食べ過ぎに注意してね!」

「ふろふき大根の食べ過ぎに注意してね!」

「シャウエッセンの食べ過ぎに注意してね!」

「バイエルンの食べ過ぎに注意してね!」

「森の薫製の食べ過ぎに注意してね!」


などなど。
下の三つはどれもウィンナーの商品名ですが、どこのスーパーでも
この三つが順ぐりで安売りになっていますね。

袋パンパンで二つ抱き合わせですね。

10〜20年前から見続けてる光景で、あの商品を買う度に私は
脳の無意識階層的な部分で
「袋パンパンだ」
と思い続けてた気がしています。

あの「袋パンパン」も、いつの日か
技術の改善や思考の転換によって
この世から絶滅してしまう時がくるのでしょうか。

今から20年後もまだ「袋パンパン」だったら、ちょっとびっくりしますね。
でも、ありえない話ではないと思います。
何せあの光景は現時点で既にかなり息の長いものですし。

そんなこと言いつつ、2011年あたりでアナログテレビの消滅と同時に
ばっさり消えるのかもしれない。
どうなのだろう、未来のウィンナー事情。

うーん、まったく気にならないけど気になりますね。


 
posted by 草子 at 00:37| つぶやき