2014年01月23日

絵本『おむかえワニさん』原画展:1月16日〜31日:表参道クレヨンハウスさん

wanisan_hyo.jpg

2014年1月16日(木)〜1月31日(金)
陣崎草子『おむかえワニさん』原画展開催!
表山道:クレヨンハウスさんにて
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/1312ehowani.aspx


クレヨンハウスさんは美味しいお料理を食べられるレストランや
おもちゃ売り場もいっしょになった、大人気の大きな絵本屋さんです。
そちらでこの度、『おむかえワニさん』の原画展を開催していただけることとなりました。
本当にうれしいです。ありがとうございます!

サイン本もたくさん置かせていただけるとのことで、
一冊一冊ちがうサインを描かせていただきました。

833216304.jpg

833216789.jpg

833431648.jpg

sa00.jpg


こんなサインができるのは、おそらくデビュー作の本書だけだと思います。
ぜひこの機会に、原画展にお立ち寄りください。
どうぞよろしくお願いします。
  
posted by 草子 at 13:07| 展示・イベント

2014年もよろしくお願いいたします


2014年、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
今年はしっかり作家活動を充実させ、きちんと本を世に出していきたいと思います。
2014年の現時点での本の刊行予定は3冊です。
自著作含めて、この一年で6〜8冊くらいは本が出せることを目標に頑張りたいです。


自宅にネット環境が無いせいで、ブログの更新が滞っております。
リアルタイムでのイベントや展示等のお知らせについては
ツイッターをチェックしていただいた方が確実かもしれません。
https://twitter.com/jinsakisoko


2月、3月、5月と企画展がつづき、夏には西荻に新転されたウレシカさんで
個展を開催させていただく予定です。

また2月の初旬には『絵と物語セミナー』を開催します。
http://www.seminarhouse.or.jp/ebun/

絵本作家はやぎたみこさん、中谷靖彦さん、
児童文学作家は濱野京子さん、菅野雪虫さん、
そして岩崎書店編集者の板谷ひさ子さん、と強力なみなさまが講師を担当くださいます。
こんな贅沢な企画、なかなかできないと思います。
ご参加のみなさん、どうぞ一泊二日の貴重な時間を楽しみ尽くし、
たくさんのお土産をしっかり持ち帰ってくださいね。
 
 
posted by 草子 at 12:34| その他お知らせ

2014年01月22日

雑誌「BRUTUS」本特集2014にて、歌集『春戦争』


br.jpg

雑誌「BRUTUS」本特集2014の号にて、
穂村弘さんが陣崎草子歌集『春戦争』をご紹介くださいました。
あの「BRUTUS」に自分の本が載るなんて驚きです。
うう、ありがとうございます。
他にも素敵な歌人さんの本が紹介されていますので、ぜひ手にとってみてください。


ところでこの記事は、現在ジュンク堂池袋店で開催中の「穂村弘書店」
の企画と連動しているのですが、「穂村弘書店」凄いです。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=3243
磁場の強烈なワンダーランドが広がっている空間で、穂村さんファンは目眩。
詩歌はもちろん、マンガや小説もたまりませんが、
穂村弘さんだけあって、絵本のラインナップも一味ちがう。
〈ありがちなあの絵本はなく、おお、それがありますか〉という選書もうれしく。

私はマチーセンの絵本やら木地雅映子さんやら岸本佐知子さんやらを
ひとまず買ってみたりしましたが、またウロウロしにゆくつもりです。

木地雅映子さんは、作家の河合二湖さんも絶賛してたっけ、とか、
編集者さんに初対面で「岸本佐知子さんに似てますよね?(しゃべり方が、だそう)」
と言われて嬉しかったことなど、ぼんやり思いだしつつの選択でした。
  
posted by 草子 at 12:18| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月21日

毎日新聞「私が選んだ今年の歌集」にて岡井隆さんが『春戦争』を挙げてくださいました

2013年12月16日の毎日新聞朝刊、歌壇欄
「私が選んだ今年の歌集」にて、岡井隆さんが、五冊のうちの一冊として、
陣崎草子歌集『春戦争』をお選びくださいました。

これを知ったときには、岡井隆さんが……!?
と非常に驚きました。
深く感謝申し上げます。
今後の精進の糧としたいと思います。
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月20日

『角川短歌』12月号、『短歌研究』1月号に歌集『春戦争』より

kadotan12.jpg

『角川短歌』12月号にて歌人の千葉聡さんが
連載「今日の放課後、短歌部へ!」の中で、
陣崎草子歌集『春戦争』の中の一首を掲載くださいました。

千葉聡さんのお書きになる学校エッセイは、とても爽やかです。
明日生きてゆく活力の得られるような言葉がたくさん。
『今日の放課後、短歌部へ!』は近く書籍化されるようで、楽しみです。


kenkyu01.jpg

短歌研究1月号の歌集評にて、大石直孝さんが、
『春戦争』を取り上げてくださいました。
このようにきりりとした文章で輪郭を切り出してくださるとは……
と驚きました。深く感謝申し上げます。
ここに描いてくださったように生きたく思います。
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月06日

絵本『おむかえワニさん』東京新聞掲載

絵本『おむかえワニさん』のことを、クレヨンハウスの岩間さんが
東京新聞誌面にてご紹介くださいました。

wani_shinbun.jpg


傑作!!
と書いてくださっています。うう、本当にありがとうございます。
とてもとても嬉しいです。
次作もがんばります。

『おむかえワニさん』を、どうぞよろしくお願いいたします。


 
posted by 草子 at 11:20| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年11月28日

「週刊文春」に歌集『春戦争』をご紹介いただきました

bunshun.jpg

穂村弘さんが「週刊文春」の「私の読書日記」にて
陣崎草子第一歌集『春戦争』をご紹介くださいました。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3341

とても嬉しいです。ありがとうございました。
そして、同記事内の『盤上の夜』(宮内悠介・東京創元社)の
感想と紹介が、またすごいです。興奮。
 
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年11月27日

短歌と俳句の絵本「絵といっしょに読む国語の絵本」

くもん出版さんから刊行の「絵といっしょに読む国語の絵本」シリーズの
『短歌のえほん』『俳句のえほん』(監修・坪内稔典)
にて絵を描かせていただきました!
http://www.kumonshuppan.com/wp/newitem/1118-001new/index.html

『俳句のえほん」では、宝井其角の句に、そして
『短歌のえほん』では、なんと西行の歌に絵をつけさせていただきました。

歌の世界に新しい地平を拓いた西行は、
月と桜を溺れるように埋もれるように愛した歌人でした。
私が絵をつけたのは、以下の歌です。


風さそふ花のゆくへは知らねども惜しむ心は身にとまりけり  西行


絵を描いているときにふと思ったのですが、江戸城松の廊下で刃傷沙汰をおこし
切腹申し渡され、赤穂浪士の仇討ち事件の発端となった浅野内匠頭、
この方の辞世の歌は、西行の歌を本歌取りしているのでしょうか。
http://www.last-song-of-life.com/entry2.html

この歌がそもそも浅野内匠頭自身の作によるものかは、諸説疑問もあるようですが、
こどもの頃、「忠臣蔵」のドラマがとても好きでよく観ていたので、
なんとなしに繋がりを感じられてしみじみとします。

ちなみに、西行が愛した桜は、今日本列島の春を覆っている染井吉野ではありません。
西行が生きた頃には、江戸期に生まれた染井吉野はまだなかったのです。
吉野の山中で西行がむきあった桜は、山桜だったのかな、と私は想像しています。


posted by 草子 at 18:24| 本の仕事・著作

2013年11月12日

『おむかえワニさん』サイン本、11月20日から

絵本ナビさんのサイトで、絵本『おむかえワニさん』のサイン本を
30冊限定で販売していただけることになりました。
http://www.ehonnavi.net/
いろーんな姿のちよちゃんとワニさんを描きました。
11月20日の20時に絵本ナビさんのメルマガで情報配信だそうです。
どうぞサインのちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。

wani_s.jpg


そしてそして! 絵詞作家(えことばさっか)の内田麟太郎さんが、
『おむかえワニさん』をご紹介くださいました。
http://blog.goo.ne.jp/rintaro-uchida

うう、とてもうれしいです。
内田麟太郎さんとは独特な絵本を出版している架空社さんでの酒席で
お会いしたことがあって、これはぜひ絵を見てもらわなきゃ!
と思って大きなポートフォリオを持っていったのですが、
そのとき内田さんが、慌ただしく帰らないといけない瞬間に
「見ましょうか」と言ってくださったにもかかわらず、
私は恥ずかしくなってお見せできなかったのです。

後にも先にも、あんな引っ込み思案なことをしてしまったのは、一度きりでした。
きっと生まれて初めて行った絵本の講演でお話されていたのが内田麟太郎さんで、
そのときの作家さんの放つ輝きに驚嘆したのと、朗読された詩を忘れられなかったために、
極度に緊張してしまっていたのだと思います。

絵本をお見せできて、本当にうれしいです。
ありがとうございました。
 
 
posted by 草子 at 21:06| 展示・イベント

2013年10月25日

絵本『おむかえワニさん』(文溪堂)いよいよ発刊!

陣崎草子の絵本単行本デビュー作
『おむかえワニさん』(文溪堂)がとうとう発刊されました!

どうかどうか、ちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。
この子たちを、絶対、絶対、どこかで見つけてください!
wanisan_hyo.jpg

装丁デザインをご担当くださったのは、羽島一希さんです。
すばらしい姿の絵本にして下さいました。
プロフェッショナルなかっこいい仕事ぶりを見ることができ、幸福な時間でした。
編集担当のNさんには長い年月を見守っていただきました。
たくさんの方のアドバイスや助力を得て、絵本『おむかえワニさん』は誕生しました。
本当にありがとうございます。

wanisan_01.jpg

主人公は小さな女の子「ちよちゃん」です。
おばあちゃんちの駅にぴょんっと降りたったちよちゃんを
おむかえに来てくれたのは、こわいくちの「ワニ」

女の子とワニさんの、小さな冒険がはじまります。

wanisan_02.jpg

画中には、大好きな草花や生き物をたくさん描きました。
絵も文も、よいものがかけたと思っています。
ええ、ええ、これは、いい絵本ですとも。
わたし、そのこと、ちっとも疑ってません。


ちよちゃん あなたは かわいいこです。
わたしが 作ったから よく しっています。
だから ワニさんと いっしょに どんどん どんどん 歩いて たくさんの人に 
こわいと かわいいを ふりまいてきてください。
長く 遠くね。


どうかどうか、ちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。



 
posted by 草子 at 21:48| 本の仕事・著作

2013年10月04日

『あまやどり』がひろすけ童話賞を受賞

市川宣子さん作の『あまやどり』(文研出版)が、なんとこの度
ひろすけ童話賞を受賞しました!
http://yamagata-np.jp/news/201310/02/kj_2013100200047.php

ひろすけ童話賞は優れた童話作品を顕彰する賞で、文章作家さんの賞になります。
市川宣子さん、ご受賞、まことにおめでとうございます!
ame01.jpg

市川宣子さんの書かれる物語はどれも本当に面白くて大好きですが、
『あまやどり』は特に女の子のひとり語りで進んでゆく文章のリズムが独特で
はねる気持ち、不安な気持ち、おどろき、うれしくて仕方ない気持ちが、
絵を描いていても心の中にすうーっと広がってゆくようでした。
今回の受賞をきっかけに、物語がたくさん子たちの元へ届きますように。



幼いころに受け取る世界のみずみずしさがつまった物語です。
ぜひ、手にとってみてください。
 
posted by 草子 at 17:05| 本の仕事・著作

2013年09月30日

陣崎草子第一歌集『春戦争』発刊

2013年9月30日
陣崎草子の第一歌集となる『春戦争』が新鋭短歌シリーズより発刊されました。
harusenso.jpg

新鋭短歌シリーズとは書肆侃侃房さまの企画シリーズで
歌人の加藤治郎さんと東直子さんのプロデュースにより
新鋭歌人たちの歌集がシリーズとして出版されています。

私は東直子さんに監修・プロデュースいただきました。

公式ホームページの方には、近く著者選の20首と書籍の詳細がアップされる予定です。
http://www.shintanka.com/shin-ei/

第一歌集の発行にあたって、監修の東直子さま、
書肆侃侃房の田島さま、Sさまには、本当にお世話になりました。
深く感謝申し上げます。


紀伊國屋グランフロント大阪店では、大規模な「大阪短歌フェア」を開催中で
そちらでもさっそく扱ってくださっているようです。
http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/store/Grand-Front-Osaka-Store/


『春戦争』
ぜひ、手にとっていただけますと幸いです。



 
posted by 草子 at 21:22| 本の仕事・著作

2013年09月05日

インターFM・Route 761の”Playground EARTH”に出演

ラジオ、インターFM・Route 761の”Playground EARTH”
という番組に出演させていただきました。
地球・大自然を舞台に活躍する自然遊びの達人を紹介、というコーナーです。
放送は8月31日で、既に終了しているのですが、ウェブサイトに記事も掲載いただきました。

http://www.interfm.co.jp/r761/blog/2013/08/31/11/30/

「草花散歩会」のお話を中心に
散歩会で観察した大好きな草花をたくさん描いた、
10月発刊の絵本『おむかえワニさん』(文溪堂)のこともお話させていただきました。
絵本の原画の写真もちらりと載っています。

※朗読会の写真はウレシカさん撮影のものです。
ウレシカさん、ありがとうございます。

よかったらご覧くださいませ。
 
posted by 草子 at 04:06| その他お知らせ

2013年08月04日

9月8日(日)「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」開催


naganuma-1.jpg

----------------------------------------------------------------------------
植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ
お茶とお菓子と、虫眼鏡、ワークブックつき
----------------------------------------------------------------------------

草花や自然の好きな方、お一人で、親子で、お気軽にご参加くださいませ。

2013年9月8日(日)11:00〜17:00頃迄(受付:10:40〜)
[開催場所] 長沼公園、および八王子セミナーハウス
[参加費] 大人(大学生以上)2500円、18才未満500円

詳細&お申し込み:http://www.evolutiolab.com/events/ws004/

自然豊かな八王子の長沼公園と八王子セミナーハウスで、草花を観察しながらお散歩する会をひらきます。ナビゲーターは植物博士の保谷彰彦、デザイナーの須佐岳彦、そして私、陣崎草子がつとめ、ふだん見なれた草花をじっくり観察し、草花のくらしをさぐってゆきます。めくるめく不思議な自然の世界へ、いっしょにでかけませんか?


とーっても広くて気持ちよい長沼公園でお弁当を食べて草花観察をしたあとは、室内で珈琲やお茶とお菓子をいただきながら、草花について語り合いますよ〜。一日草花とたわむれてしっかり遊ぶ感じです。

参加のお申し込みとイベントの詳細は「草花散歩会」のサイトへ
メールに必要事項をご記入の上、お申し込みくださいね。
先着20名で締め切りとなりますので、お早めにどうぞ。

naganuma-2.jpg

長沼公園、公園とは名ばかりで、ほとんど「山」という風情のハイキングロードです。
初秋のよき日にゆったり散歩を楽しみつつ、草花のくらしぶりについてさぐってゆきますよ。
前年とは時期が一ヶ月ずれているので、草花の様子もずいぶん違うと思います。

 
posted by 草子 at 21:21| 展示・イベント

2013年07月24日

幻灯の八月 〜真夏の夜シカ〜 8月1日から。イベント参加者募集です

『幻灯の八月 〜真夏の夜シカ〜』に参加させていただきます!
http://www.uresica.com/gallery.html#event

ex_gentou2013.jpg

8月1日(木)〜8月31日(土)※火水休み ★open 14時〜21時
★8月は夏時間として、14時から21時の営業となります。
会場:URESICA(ウレシカ)shop & gallery

絵を灯す。絵の具の色、白い光、黒い闇が、光の三原色に置き換わる…
あの人の絵はどんな灯りとなるのだろう。そんな好奇心から始まった試みの八月。
昼は投影する絵の原画や素材の展示、暗くなったらプロジェクターを灯します。
週末は幻灯朗読会とワークショップも開催します。

【出展作家】
さかたきよこ(版画家)
陣崎草子(絵本作家・作家・歌人)
関野宏子(ニョロ作家)
タダジュン(イラストレーター)
たんじあきこ(絵本作家)
野田雅子(映像作家・イラストレーター)
濱中大作(画家)

【投影作品】*イベント開催日以外、暗くなったら映し出します(入場無料)
・タダジュン + さかたきよこ『長靴の夜の話』※会期後半から
・陣崎草子『大地を駆けるいきもの』他
・濱中大作『湖畔の永劫回帰鳥』
・野田雅子『Clocca』(トクマルシューゴ/MusicVideo)
 『Keep Silence』(Predawn/MusicVideo)
・関野宏子『ニョロアニメ』
他、絵本のスライド上映など予定しています。
◎おいしい八月:千駄木の食堂「檸檬の実」イダマイコ特製ピクルス

歌人・東直子さんと陣崎草子の幻灯朗読や絵本トークのイベント、
版画家でイラストレーターの、ダダジュンさん、さかたきよこさんとの紙版画で参加者と幻灯詩映像をつくるワークショップのイベント
ご参加お待ちしています!
絵本作家のもとしたいづみさん、たんじあきこさんのイベントも必見です。

↓↓↓詳細はウレシカさんのサイトへ↓↓↓
http://www.uresica.com/gallery.html#event

【わたしが出演するイベント】
-----------------------------------------------

◎東直子・幻灯朗読会 &トークイベント
日時:8月17日(土)18:00-19:00
絵本『ぷうちゃんのちいさいマル』(東直子文・たんじあきこ絵)をプロジェクター投影しながら、東直子さんに朗読していただきます。陣崎草子さんとの絵本トーク、東さんと陣崎さんの即興幻灯朗読など予定しています。

出演:東直子(歌人・作家)、陣崎草子(絵本作家・作家・歌人)
演目:『ぷうちゃんのちいさいマル』、陣崎作品『大地を駆けるいきもの』他
定員:15名 要予約
参加費:1,000円(*お菓子・ドリンク付き)
*お菓子:unpeu(遠藤順子)

-----------------------------------------------

◎ワークショップ・幻灯朗読会
「紙版画でつくる夏夜の幻灯詩」

日時:8月24日(土) *一部 14:00-16:00、二部 18:30-19:30

ワークショップでうまれる紙版画を作家が映像に仕立て、参加者の言葉をつむいだ詩の朗読にあわせて投影します。 一夜かぎりの即興イベント。ご一緒に夏の夢をつくりませんか。

版画指導・映像制作:タダジュン、さかたきよこ
詩作&編集・朗読:陣崎草子
キャスト制作・詩片:参加者の皆さん

《一部》紙版画ワークショップ
時間:14:00-16:00
内容:紙版画で、二部の幻灯朗読会に登場する人物・動物・空想の生き物などを作ります。
定員:10名 要予約
持ち物:エプロン、または汚れてもよい服装
参加費:2,500円(材料費込み・ドリンク付)
*二部まで通して参加できる方、二部の参加費は不要

《休憩》16:00-18:30
*この間に紙版画の版をお預かりして、作家が映像を作成します。ワークショップ参加者の皆さんは休憩時間となります。

《二部》幻灯朗読会
時間:18:30-19:30頃まで
内容:一部ワークショップでうまれた幻灯作品の上映と陣崎草子さんの朗読
定員:一部の参加者+二部のみの参加は10名までOK
参加費:二部のみ 1,000円(ドリンク付)


↓↓↓各回イベントの参加お申込みはこちら↓↓↓
ウレシカお問合せフォームまたはメール、ウレシカ店頭、電話03-3428-0807(※営業時間のみ)
http://www.uresica.com/gallery.html#event


posted by 草子 at 15:52| 展示・イベント

2013年07月20日

七月の草花レポート


私が所属している、八王子セミナーハウスのアートビレッジのサイトにて、
季節の草花レポートを書いています。
http://artvillage.sakura.ne.jp/contents/page536

yuri02.jpg

七月のテーマは、ヤマユリ!
これほどゴージャスな花が野草とは、自然の気前のよさに驚きます。
そして、地味ながらしたたかに強いワルナスビについても、ちょっと書いています。

九月には、恒例の「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」も開催しますよ。
参加要項は近日公開。
ご参加お待ちしております。
 
posted by 草子 at 11:45| 草花、樹木の写真

2013年07月12日

新刊!『らくごで笑学校』作:斉藤洋、絵:陣崎草子、偕成社・刊

新刊が発売になりました!
『らくごで笑学校』作:斉藤洋、絵:陣崎草子、偕成社・刊

rakugo.jpg




斉藤洋さんの新刊書『らくごで笑学校』の絵を担当させていただきました。
落語の「え〜……」の語り口から始まる七本からなる小学校のお話。
「笑学校」とあるだけあって、すっごく面白いです!
斉藤洋さんのお話は本当に面白くて(そして大人気ですね)、以前から大好きでしたが、
原稿を読ませて頂いたときは、くつくつとふるえて笑いながら読みました。

rakugo_1.jpg

画像は「べんきょうくん」と編集者さんにあだ名された、いろいろとハイパーな男の子。
おいしいところをいつも持っていってしまう、濃ゆいキャラです。

こどもはもちろんヒーヒー笑えると思いますし、
大人が読んでも「一本とられた!」と思うような痛快なお話がいっぱいです。
入学式、遠足、運動会、参観日、さまざまなシチュエーションで何がおこるか?
そして、夜の学校では、有名なあの人も……。

rakugo_2.jpg

斉藤洋さんのギャグにさらにギャグを上乗せするように、
自由に挿絵を描かせていただきました。
とーーっても面白い本なので、たくさんの方に読んで欲しいです!

この夏、らくご笑学校に笑いにいこう!

どうぞよろしくお願いします。
 
 
posted by 草子 at 09:52| 本の仕事・著作

2013年06月23日

草花レポと「児童文学と絵本の合評合宿」

八王子セミナーハウスのアート・ヴィレッジのサイトにて、
季節の草花のレポート記事を書いています。
http://artvillage.sakura.ne.jp/contents/page490
定期的に更新しますので、よかったのぞきに来てください。

DSC_0797.jpg

写真はネジバナ。
小さいですが、不思議な形状をした花で、見るほどにおもしろいです。
9月には八王子セミナーハウスを会場に「植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ」のイベントも開催予定です。
参加者にもとても好評のまったり散歩会です。
応募要項などは、もう少ししたら発表になります。
http://www.evolutiolab.com/


また、来年の2月には、これも八王子セミナーハウスにて
「プロの作家の方をお招きしての児童文学と絵本の合評合宿」
という主旨の宿泊イベントを開催する予定です。
宿泊型のイベントで、参加者、作家ともに真剣に作品合評をしながらも
自然の中を散歩したり、わいわい楽しもうという内容です。
文章(物語)を書きたい方と、絵を描きたい方との交流も目的としています。

学生の方を主な対象としていますが、社会人の方も参加可能です。
また、3食つきの一泊二日宿泊型なので、遠方からのご参加もお待ちしています。

楽しくも充実した企画にしたいと思っています。
8月頃に詳細発表予定です。
児童文学作家、YA作家、ファンタジー作家、絵本作家をめざす皆さん、
よかったら気にかけておいて下さいね。
 
posted by 草子 at 08:18| 草花、樹木の写真

2013年06月14日

「あまやどり」増刷、近々新刊、絵本・歌集・長編進行中、9月には草花散歩会も

『あまやどり』(作・市川宣子、絵・陣崎草子、文研出版発行)
がまたも増刷となりました!

たくさんの方に読んでいただけてうれしいです。ありがとうございます。
ちょうど今くらいの季節に読んでいただきたい、市川宣子さんの豊かで楽しい物語です。
紫陽花が美しく、いきものたちがぞろぞろとあちこち活発に生きている季節に、
チュンコメイツ(鳥たち)の不思議なささやきが聞こえてきます。

ame01.jpg





近々、また挿し絵を担当させて頂いた本が発刊します。
「見本誌ができました〜」と編集者さんからうれしいご連絡。
これまた、すごーく面白いお話なのです。
あー、たくさんの子たちに笑ってほしいな。いや、ぜったい笑えますよ!


絵本の絵も早朝から深夜までせっせと制作中です。
今日は表紙の絵が完成しました。いい感じになりました。いい絵を描かねば。
画像は、絵本の絵のどこかの一部です。

ehon_a.jpg


歌集も、集中力を高めながら進行中です。
監修・プロデュースの東直子さんとやりとりさせて頂き、
非常にエキサイティングな時間を与えられています。
「新鋭短歌シリーズ」はやくも各所で話題になり、
いろいろなメディアで取り上げて頂いているようです。
http://www.shintanka.com/shin-ei/

第一期全巻が発行された頃に、記念イベントもあるようです。
緊張を感じつつも、楽しみです。

長編第二作も、今秋にはなんとか出せるように頑張りたい。
今年は、自身にとって記念碑的な出版物の多く出る年です。
どうぞよろしくお願いいたします。
常にたゆまず、古い自分を壊しながら、進化してゆきたいです。

そうそう、今年も9月にまた、八王子セミナーハウスで「植物博士とゆく草花散歩会」を開催します!
http://www.evolutiolab.com/
私は朗読もやります。
おだやかで心のびやかになるひとときにしたいと思っています。
ぜひご参加ください。
 
 
posted by 草子 at 18:15| 本の仕事・著作

2013年06月08日

絵本の絵制作中です:初秋出版予定

初秋に文溪堂さんより、絵本が刊行される予定です。
初の単行本絵本の出版です。
先日、装丁をご担当いただく羽島一希さんと、担当編集者さんと打ち合わせでした。
描きかけの絵を見ていただき、改めてよい絵を描きたい気持ちが高まりました。

そんなわけで、7月の末までは絵本と歌集の制作のために、本当に頭がパンパンの状態です。
ほとんど仕事場に泊まり込んで作業をしており、自宅の電話を確認することがなかなかありません。
恐れ入りますが、急ぎのご用の場合はメールか携帯にご連絡ください。
twitterもまたもや休止しています。

自分が大好きな絵本は、何千何万何億回と絵をながめ返しても飽きない、そんな絵本です。
そういう絵本を描きたいです。

775226966.jpg
  
posted by 草子 at 00:21| 本の仕事・著作