2014年03月25日

『短歌ください その二』穂村弘・著

ダ・ヴィンチ誌の穂村弘さんの連載「短歌ください」がこのほど書籍になりました。
『短歌ください』に続く二巻です。
書籍の装丁画を担当させていただきました。

tankakudasai_sono2.jpg

装丁デザインは『短歌ください』と同じく川名潤さん。
すごくビビッドな綺麗な色の目をひくデザインにしてくださり、感激です。
深く感謝申し上げます。

今回、他にも提出していた絵を、なんとカバーを外した本体の方にも使用いただきました。

kudasai_2_2.jpg

めくってびっくりの意外な仕様になっていますので、ぜひ本を手にとって楽しんで頂けますと幸いです。


「短歌ください」は穂村弘さんの選歌だけあって、独特で異様、ユニークで哀しくも愛しい歌がたくさん並んでいます。
読み進めると、びっくりするような歌にたくさん出会います。

連載開始から五年以上たった今も、どんどん投稿数が増え続けているという「短歌ください」のコーナー。
永遠につづくという噂もありますが、はたして。
投稿者の中から、未来に活躍される歌人さんが登場するのは確かなことに思われます。
ぜひ本書を手にとって、たくさんの短歌の輝きに出会ってください。


 
 
posted by 草子 at 12:18| 本の仕事・著作

2014年03月05日

6日11時〜『おむかえワニさん』FM横浜に

絵本『おむかえワニさん』をFM横浜さんでとりあげてくださいます。

放送は3月6日11時〜
FM横浜「THE BREEZE」という番組の「声のアトリエ」のコーナーです。
DJさんが『おむかえワニさん』の読み聞かせをしてくださいます。
また、私もいくつかインタビューに答えさせていただきます。

wanisan_hyo.jpg

こちらは番組のフェイスブック。
https://ja-jp.facebook.com/yokohamabreeze

とってもファンの多い愛されている番組の様子が伝わります。
また、ラジコでも聴くことができます。
http://radiko.jp/

ぜひ、お聴きいただけますと幸いです。
 
posted by 草子 at 01:18| その他お知らせ

2014年02月25日

「パーティー!」ウレシカ〔西荻窪〕オープン記念展・第1弾

ウレシカ〔西荻窪〕オープン記念展・第1弾
「パーティー!」
3月8日(土)〜3月24日(月)
*会期中、火曜休み open:12時〜20時
http://www.uresica.com/gallery.html#event

ex_party2014.jpg
DM絵:きくちちきさん

ギャラリー・ウレシカさんが、店舗を西荻窪に移転し、新しく出発されます!
その第一弾のオープン記念展にお呼びいただき、絵を出品します。

参加作家さんは、ウレシカさんと関係の深い
イラストレーターさんや絵本作家さんたち。
ウレシカさんの新しい出発に際して、絵描きさんが
寿ぎをたずさえてにぎやかに集まる、という感じでしょうか。
多くの作家さんに愛されるウレシカさんならでは展示です。

すごーく魅力的な作家さんがたくさんです。
どうぞ足をお運びくださいませ。

------------------------------

◎出展作家
石黒亜矢子、オオトウゲマサミ、オカダン・グラフィック、おざきえみ、加藤休ミ、きくちちき、小林ゆき子、さかたきよこ、坂本千明、陣崎草子、高畠那生、嶽まいこ、タダジュン、たんじあきこ、丹地香、丹地陽子、どいかや、とりごえまり、はまのゆか、平岡瞳、松成真理子、松村真依子、ミロコマチコ、ヤス・タグチータ プレミアム、やまぐちめぐみ、やまだみつこ、山福朱実、吉田晃、芳野

西荻ウレシカ第一弾の展覧会。
ウレシカや中央線にご縁のある絵本作家やイラストレーターなど、29名(組)に出展いただきます。
宴やお祝いをテーマにした色とりどりの作品を展示、販売いたします。
持ち寄りホームパーティーのように美味しい作品をちょっとずつたっぷりと味わってください。

------------------------------
 
posted by 草子 at 19:43| 展示・イベント

2014年02月24日

「絵と物語セミナー」が無事終了

2014年2月8日〜9日、関東に記録的な大雪が降った日
長い時間をかけて準備を進めてきた「絵と物語セミナー」が開催されました。

topem.jpg

2月8日は20年降りの降雪量が予測されており、中止も検討されましたが、
思い切って開催を決定したところ、約40名の参加者や講師のみなさまが
遠くは九州、関西、東北からも、さまざまな地域より集まってくださいました。
あの大雪の中、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございます!

後日、合評合宿の様子をレポートを掲載したいと思いますが、
ひとまず、八王子セミナーハウスさんでまとめて下さった記事が
以下のサイトで見られます。
http://www.seminarhouse.or.jp/ebun/houkoku.html

講師としてご参加くださり、愛のある言葉をたくさんくださった
作家の濱野京子さんのブログでもご紹介くださっています。
http://718jingzi-b.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-e97c.html


この合評合宿に関わってくださった全てのみなさまに
深く深く感謝申し上げます。

とにかく、近々にはレポートをまとめたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
posted by 草子 at 19:32| 展示・イベント

2014年02月10日

「100人の魔女展」ピンポイントギャラリー

毎年恒例、ピンポイントギャラリーさんでの100人展、
今年も参加させて頂いています!

「100人の魔女展」
http://www.pinpointgallery.com/cn8/cn224/pg3408.html

2014年2月10日(月)〜22日(土)11:00~19:00土曜日は17:00まで 
日曜休み 祭日は平常通り

pin_jinsaki.jpg

タイトルは「娘さん」です。
今年もまたぎりぎりに作品を持ち込んでしまったのですが(すみません……)
ギャラリーオーナーの西須さんに「かわいい。どんどん良くなるね」
と言っていただけて、とてもうれしかったです。
ピンポイントギャラリーは絵本コンペで賞をいただき、
私にとって絵本の出発点のような場所のひとつです。
いつかピンポイントギャラリーさんで個展をしたいな。

さまざまな魔女たち、ぜひぜひご高覧いただけますと幸いです。
 
posted by 草子 at 01:54| 展示・イベント

2014年02月02日

原画展にお越しくださり、ありがとうございました

クレヨンハウスさんでの『おむかえワニさん』絵本原画展、31日で終了となりました。

原画展を開催くださったクレヨンハウスさま、
あたたかく笑顔で迎えてくださったスタッフのみなさま、
そして、お忙しいところ原画展にお越しくださったみなさま、
ちよちゃんとワニさんを連れ帰ってくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
ありがたさで胸がいっぱいで、うーうー、とばかり思っていました。

ちよちゃんとワニさんのカラフルサイン絵本は、
クレヨンハウスさんのサイトでネット販売もしてくださっています。
遠方の方や、サイン本を求めてくださる方は、ぜひご利用いただけますと幸いです。
http://ehon.crayonhouse.org/archives/1889


展示に来ていただいた心ばかりのお礼に、里山自由猫氏の写真を。

neko.jpg

たまにふらりとやってきて、ドアをノックし、
なんとなく仕事場を調べまわったら、満足してノビーッとしたあと
「よっこらせ」という感じで出てゆかれます。

自由猫氏なので、絶対にこちらが触ることは許しませんが、
ドアはノックするんです。
タヌキや鳥もたくさんいる緑豊かな場所で、気ままに暮らしておられます。
  
  
posted by 草子 at 19:07| 展示・イベント

2014年01月31日

【参加受付中】植物博士とゆく草花散歩と座学カフェ・春

2014年3月23日(日)11:00〜17:00頃迄(受付:10:40〜)
[開催場所] 東京・長沼公園、および八王子セミナーハウス


12217206346_4d7a962887.jpg
写真:須佐岳彦

いよいよ春の「植物博士とゆく草花散歩会」の時期が近づいてきました。
下記、草花散歩会のサイトで受付がはじまりました。
http://www.evolutiolab.com/events/ws005/

植物博士といっしょにゆっくり草花を観察して散歩した後は、
コーヒーとお菓子を楽しみながら、草花について和やかにおしゃべりします。
実体顕微鏡でいろいろなものを超拡大して観察したりしますよ。
あちこちで驚きの声や歓声が聞こえる楽しい時間です。
私は「草花散歩会」のメンバーとして、ナビゲーターと詩歌朗読をします。


12217009744_958089914a.jpg
写真:須佐岳彦

イベント恒例の「まぼろしの花を探せ」のコーナーは、珍しい花を探す競争をします。
第一発見者には景品もあるので、いつも盛りあがる企画です。
「なにかを見つける旅」って、原始的な楽しさがありますよね。

【イベント詳細】

2014年3月23日(日)11:00〜17:00頃迄(受付:10:40〜)
[開催場所] 長沼公園、および八王子セミナーハウス


[参加費]
大人(大学生以上)2500円、18才未満500円(※お支払いは当日。現金のみ。)
[概要]
・10:40〜 受付
・11:00〜 オリエンテーション、座学、解説
・12:00頃〜 昼食(お弁当:持参)
・13:00頃〜 1.5〜2hほど草花散歩。
・15:00頃〜 1.5hほど、お茶とお菓子を楽しみながら座学と発表会。

受付・詳細サイト
http://www.evolutiolab.com/events/ws005/


春の草原散歩はそれはそれは気持ちよいことと思います。
早春の野花をいっしょに楽しみませんか?
ご参加お待ちしております。
 
posted by 草子 at 09:01| 展示・イベント

2014年01月30日

『おむかえワニさん』について、サイン本のネット販売も

tobu.jpg

そうそう、創作短編に絵を付けさせていただいた
「飛ぶ教室」36号の「Books」のコーナーにて、
松田素子さんが『おむかえワニさん』をご紹介くださいました。
しみじみと嬉しいお言葉をくださっています。
深く感謝。

また、1月31日までのクレヨンハウスさんでの原画展
クレヨンハウスさんのブログで訪問記も掲載いただきました。
http://ehon.crayonhouse.org/archives/1889

サイン、本当にとりどりなので、この機会にぜひ。
遠方に在住のみなさまで、サイン本をご希望くださるみなさまは、
以下のクレヨンハウスさんのオンラインサイトでも扱ってくださってますので
ぜひご利用くださいませ。
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/g/g2206090003497/

833431648.jpg

本当に一冊、一冊ちがうサインを描きました!
たくさんの方がさまざまな表情のちよちゃんを連れ帰ってくださり、本当にうれしいです。
ありがとうございます。(ふかぶか)
 
posted by 草子 at 07:17| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2014年01月28日

飛ぶ教室 第36号

tobu.jpg

「飛ぶ教室」 第36号
創作物語「ねえさんの家出」 (昼田弥子さん・作)
の扉絵を描かせていただきました。
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/fly/book152.html

ushi.jpg

-------------------

家出をした姉さんがある日戻って来たのだけれど、様子がなにかおかしくて
実は姉さんは……。

-------------------

つい奇妙な雰囲気の絵を描いてしまったことからもお分かりいただけるかと思いますが、
ぶっ飛んだ内容の、とっても不思議で面白い短編です。
原稿を一読して、思わず興奮してしまいました。
昼田弥子さん、すごいです。
ぜひぜひお読みいただけますと幸いです。

しかしこの絵の牛……どこか任侠ふうでしょうか。
何回見ても笑ってしまう牛姿、お話から影響を受けたのかもしれません。


「飛ぶ教室」はいつもながら誌面が美しいです。
そして、テキスト、絵、ともに知ってる作家さん、大好きな作家さんが
たくさん登場されていて、すごくうれしいです。
コーヒーとお菓子をお供に、じっくり読みたいと思います。
 

2014年01月24日

絵本『おむかえワニさん』増刷!

wanisan_hyo.jpg

単行本デビュー作の絵本『おむかえワニさん』増刷のご連絡をいただきました!
応援してくださったみなさまのおかげです(涙)
本当にありがとうございます。

本書の帯ですが、装丁デザイナーの羽島一希さんが
「はやく増刷がかかるように」という応援の意味で
退色しやすい蛍光ピンクのインクを使った帯にしてくださったんです。

人望人徳の薄い私にも、応援してくださる方のあること、
本当はお一方ずつのお名前をあげてお礼を書きたいところですが、
お一人ずつのお名前、お姿思い浮かべつつ、深く感謝申し上げます。


ちよちゃんとワニさんの小さな冒険が、
たくさんの小さなみなさんの元で、長く読みつがれてゆきますように。

二作目、三作目の絵本、そして長編児童文学、ヤングアダルト、
かきたい物語がたくさんあります。
精魂込めて、順次アウトプットしてゆかねば。

私に物語を与えてくださり、絵を任せてくださる作家さんにも応えるべく
よい絵を描きたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
posted by 草子 at 02:39| 本の仕事・著作

2014年01月23日

絵本『おむかえワニさん』原画展:1月16日〜31日:表参道クレヨンハウスさん

wanisan_hyo.jpg

2014年1月16日(木)〜1月31日(金)
陣崎草子『おむかえワニさん』原画展開催!
表山道:クレヨンハウスさんにて
http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/1312ehowani.aspx


クレヨンハウスさんは美味しいお料理を食べられるレストランや
おもちゃ売り場もいっしょになった、大人気の大きな絵本屋さんです。
そちらでこの度、『おむかえワニさん』の原画展を開催していただけることとなりました。
本当にうれしいです。ありがとうございます!

サイン本もたくさん置かせていただけるとのことで、
一冊一冊ちがうサインを描かせていただきました。

833216304.jpg

833216789.jpg

833431648.jpg

sa00.jpg


こんなサインができるのは、おそらくデビュー作の本書だけだと思います。
ぜひこの機会に、原画展にお立ち寄りください。
どうぞよろしくお願いします。
  
posted by 草子 at 13:07| 展示・イベント

2014年もよろしくお願いいたします


2014年、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
今年はしっかり作家活動を充実させ、きちんと本を世に出していきたいと思います。
2014年の現時点での本の刊行予定は3冊です。
自著作含めて、この一年で6〜8冊くらいは本が出せることを目標に頑張りたいです。


自宅にネット環境が無いせいで、ブログの更新が滞っております。
リアルタイムでのイベントや展示等のお知らせについては
ツイッターをチェックしていただいた方が確実かもしれません。
https://twitter.com/jinsakisoko


2月、3月、5月と企画展がつづき、夏には西荻に新転されたウレシカさんで
個展を開催させていただく予定です。

また2月の初旬には『絵と物語セミナー』を開催します。
http://www.seminarhouse.or.jp/ebun/

絵本作家はやぎたみこさん、中谷靖彦さん、
児童文学作家は濱野京子さん、菅野雪虫さん、
そして岩崎書店編集者の板谷ひさ子さん、と強力なみなさまが講師を担当くださいます。
こんな贅沢な企画、なかなかできないと思います。
ご参加のみなさん、どうぞ一泊二日の貴重な時間を楽しみ尽くし、
たくさんのお土産をしっかり持ち帰ってくださいね。
 
 
posted by 草子 at 12:34| その他お知らせ

2014年01月22日

雑誌「BRUTUS」本特集2014にて、歌集『春戦争』


br.jpg

雑誌「BRUTUS」本特集2014の号にて、
穂村弘さんが陣崎草子歌集『春戦争』をご紹介くださいました。
あの「BRUTUS」に自分の本が載るなんて驚きです。
うう、ありがとうございます。
他にも素敵な歌人さんの本が紹介されていますので、ぜひ手にとってみてください。


ところでこの記事は、現在ジュンク堂池袋店で開催中の「穂村弘書店」
の企画と連動しているのですが、「穂村弘書店」凄いです。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=3243
磁場の強烈なワンダーランドが広がっている空間で、穂村さんファンは目眩。
詩歌はもちろん、マンガや小説もたまりませんが、
穂村弘さんだけあって、絵本のラインナップも一味ちがう。
〈ありがちなあの絵本はなく、おお、それがありますか〉という選書もうれしく。

私はマチーセンの絵本やら木地雅映子さんやら岸本佐知子さんやらを
ひとまず買ってみたりしましたが、またウロウロしにゆくつもりです。

木地雅映子さんは、作家の河合二湖さんも絶賛してたっけ、とか、
編集者さんに初対面で「岸本佐知子さんに似てますよね?(しゃべり方が、だそう)」
と言われて嬉しかったことなど、ぼんやり思いだしつつの選択でした。
  
posted by 草子 at 12:18| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月21日

毎日新聞「私が選んだ今年の歌集」にて岡井隆さんが『春戦争』を挙げてくださいました

2013年12月16日の毎日新聞朝刊、歌壇欄
「私が選んだ今年の歌集」にて、岡井隆さんが、五冊のうちの一冊として、
陣崎草子歌集『春戦争』をお選びくださいました。

これを知ったときには、岡井隆さんが……!?
と非常に驚きました。
深く感謝申し上げます。
今後の精進の糧としたいと思います。
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月20日

『角川短歌』12月号、『短歌研究』1月号に歌集『春戦争』より

kadotan12.jpg

『角川短歌』12月号にて歌人の千葉聡さんが
連載「今日の放課後、短歌部へ!」の中で、
陣崎草子歌集『春戦争』の中の一首を掲載くださいました。

千葉聡さんのお書きになる学校エッセイは、とても爽やかです。
明日生きてゆく活力の得られるような言葉がたくさん。
『今日の放課後、短歌部へ!』は近く書籍化されるようで、楽しみです。


kenkyu01.jpg

短歌研究1月号の歌集評にて、大石直孝さんが、
『春戦争』を取り上げてくださいました。
このようにきりりとした文章で輪郭を切り出してくださるとは……
と驚きました。深く感謝申し上げます。
ここに描いてくださったように生きたく思います。
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年12月06日

絵本『おむかえワニさん』東京新聞掲載

絵本『おむかえワニさん』のことを、クレヨンハウスの岩間さんが
東京新聞誌面にてご紹介くださいました。

wani_shinbun.jpg


傑作!!
と書いてくださっています。うう、本当にありがとうございます。
とてもとても嬉しいです。
次作もがんばります。

『おむかえワニさん』を、どうぞよろしくお願いいたします。


 
posted by 草子 at 11:20| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年11月28日

「週刊文春」に歌集『春戦争』をご紹介いただきました

bunshun.jpg

穂村弘さんが「週刊文春」の「私の読書日記」にて
陣崎草子第一歌集『春戦争』をご紹介くださいました。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3341

とても嬉しいです。ありがとうございました。
そして、同記事内の『盤上の夜』(宮内悠介・東京創元社)の
感想と紹介が、またすごいです。興奮。
 
 
posted by 草子 at 00:00| 新聞、雑誌などへの著作掲載

2013年11月27日

短歌と俳句の絵本「絵といっしょに読む国語の絵本」

くもん出版さんから刊行の「絵といっしょに読む国語の絵本」シリーズの
『短歌のえほん』『俳句のえほん』(監修・坪内稔典)
にて絵を描かせていただきました!
http://www.kumonshuppan.com/wp/newitem/1118-001new/index.html

『俳句のえほん」では、宝井其角の句に、そして
『短歌のえほん』では、なんと西行の歌に絵をつけさせていただきました。

歌の世界に新しい地平を拓いた西行は、
月と桜を溺れるように埋もれるように愛した歌人でした。
私が絵をつけたのは、以下の歌です。


風さそふ花のゆくへは知らねども惜しむ心は身にとまりけり  西行


絵を描いているときにふと思ったのですが、江戸城松の廊下で刃傷沙汰をおこし
切腹申し渡され、赤穂浪士の仇討ち事件の発端となった浅野内匠頭、
この方の辞世の歌は、西行の歌を本歌取りしているのでしょうか。
http://www.last-song-of-life.com/entry2.html

この歌がそもそも浅野内匠頭自身の作によるものかは、諸説疑問もあるようですが、
こどもの頃、「忠臣蔵」のドラマがとても好きでよく観ていたので、
なんとなしに繋がりを感じられてしみじみとします。

ちなみに、西行が愛した桜は、今日本列島の春を覆っている染井吉野ではありません。
西行が生きた頃には、江戸期に生まれた染井吉野はまだなかったのです。
吉野の山中で西行がむきあった桜は、山桜だったのかな、と私は想像しています。


posted by 草子 at 18:24| 本の仕事・著作

2013年11月12日

『おむかえワニさん』サイン本、11月20日から

絵本ナビさんのサイトで、絵本『おむかえワニさん』のサイン本を
30冊限定で販売していただけることになりました。
http://www.ehonnavi.net/
いろーんな姿のちよちゃんとワニさんを描きました。
11月20日の20時に絵本ナビさんのメルマガで情報配信だそうです。
どうぞサインのちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。

wani_s.jpg


そしてそして! 絵詞作家(えことばさっか)の内田麟太郎さんが、
『おむかえワニさん』をご紹介くださいました。
http://blog.goo.ne.jp/rintaro-uchida

うう、とてもうれしいです。
内田麟太郎さんとは独特な絵本を出版している架空社さんでの酒席で
お会いしたことがあって、これはぜひ絵を見てもらわなきゃ!
と思って大きなポートフォリオを持っていったのですが、
そのとき内田さんが、慌ただしく帰らないといけない瞬間に
「見ましょうか」と言ってくださったにもかかわらず、
私は恥ずかしくなってお見せできなかったのです。

後にも先にも、あんな引っ込み思案なことをしてしまったのは、一度きりでした。
きっと生まれて初めて行った絵本の講演でお話されていたのが内田麟太郎さんで、
そのときの作家さんの放つ輝きに驚嘆したのと、朗読された詩を忘れられなかったために、
極度に緊張してしまっていたのだと思います。

絵本をお見せできて、本当にうれしいです。
ありがとうございました。
 
 
posted by 草子 at 21:06| 展示・イベント

2013年10月25日

絵本『おむかえワニさん』(文溪堂)いよいよ発刊!

陣崎草子の絵本単行本デビュー作
『おむかえワニさん』(文溪堂)がとうとう発刊されました!

どうかどうか、ちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。
この子たちを、絶対、絶対、どこかで見つけてください!
wanisan_hyo.jpg

装丁デザインをご担当くださったのは、羽島一希さんです。
すばらしい姿の絵本にして下さいました。
プロフェッショナルなかっこいい仕事ぶりを見ることができ、幸福な時間でした。
編集担当のNさんには長い年月を見守っていただきました。
たくさんの方のアドバイスや助力を得て、絵本『おむかえワニさん』は誕生しました。
本当にありがとうございます。

wanisan_01.jpg

主人公は小さな女の子「ちよちゃん」です。
おばあちゃんちの駅にぴょんっと降りたったちよちゃんを
おむかえに来てくれたのは、こわいくちの「ワニ」

女の子とワニさんの、小さな冒険がはじまります。

wanisan_02.jpg

画中には、大好きな草花や生き物をたくさん描きました。
絵も文も、よいものがかけたと思っています。
ええ、ええ、これは、いい絵本ですとも。
わたし、そのこと、ちっとも疑ってません。


ちよちゃん あなたは かわいいこです。
わたしが 作ったから よく しっています。
だから ワニさんと いっしょに どんどん どんどん 歩いて たくさんの人に 
こわいと かわいいを ふりまいてきてください。
長く 遠くね。


どうかどうか、ちよちゃんとワニさんをよろしくお願いします。



 
posted by 草子 at 21:48| 本の仕事・著作